ふかわりょうが小朝師匠と友達に?パトリス・ルコント最新作をPR : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年5月23日 > ふかわりょうが小朝師匠と友達に?パトリス・ルコント最新作をPR
メニュー

ふかわりょうが小朝師匠と友達に?パトリス・ルコント最新作をPR

2008年5月23日 12:00

友達作りは難しいようで「ぼくの大切なともだち」

友達作りは難しいようで
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「髪結いの亭主」「仕立屋の恋」などで知られるフランスの名匠、パトリス・ルコント監督の最新友情ドラマ「ぼくの大切なともだち」。5月22日、東京・麹町のTOKYO FMホールにて、本作の応援団長を務めるふかわりょうと、CMでナレーションを担当した春風亭小朝がトークショーを行い、会場を爆笑の渦に巻き込んだ。

本作は、ある日、親友と呼べる人間が1人もいないことを思い知ったフランソワ(ダニエル・オートゥイユ)が、10日以内に親友がいることを証明する羽目になり、偶然乗り合わせたタクシーの運転手ブリュノ(ダニー・ブーン)に、友だちの作り方を教えてもらうというストーリー。

友達のいないフランソワに、「自分の10年後を見せつけられているようだった」と、自身を重ね合わせたふかわは、「ルコントは、僕のために作ってくれたんじゃないかと思った」と、興奮気味。内向的なフランソワと社交的なブリュノ、対照的な2人のどちらに似ているのかを判定する心理学診断テストを受け、“ややフランソワ”という結果が出た小朝に対し、ふかわには“ややブリュノ”というまさかの結果が出ると、「この映画を見るまでは、友達なんていなくていいと思ってた。でも、この映画に出会って、友達が欲しいと思えるようになった。それがこの結果に現れているんだと思う」と妙な自己分析をして、会場の笑いを誘った。

一方、そんなふかわを「そんなこと言うけど、君は常に人を上から見ているよね。観察魔の目だ。実際には友達を求めてはいないでしょう?」と一刀両断にした小朝は、自身の友達観については、「僕はわがままな人間でね、友達イレブンを作ったとしたら、相手の友達イレブンにも入っていないと嫌なんだ」と明かした。さらに、「師匠と友達になって、これから何でも相談したい」という、ふかわからの嘆願を受け入れると、「この人は天才の顔をしているから、10年後はお笑いをやってないかもしれない。10年後が楽しみだね」と持ち上げ、ふかわを喜ばせていた。

ぼくの大切なともだち」は、6月14日より全国順次公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi