「ジャッキー・ブラウン」原作者エルモア・レナード氏が死去 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年8月21日 > 「ジャッキー・ブラウン」原作者エルモア・レナード氏が死去
メニュー

「ジャッキー・ブラウン」原作者エルモア・レナード氏が死去

2013年8月21日 18:05

エルモア・レナード氏「ジャッキー・ブラウン」

エルモア・レナード氏
Photo by Vince Bucci/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ジャッキー・ブラウン」「ゲット・ショーティ」などの原作者として知られる米作家エルモア・レナード氏が8月20日、脳卒中による合併症のため、米ミシガン州デトロイト郊外の自宅で死去した。87歳だった。同氏のオフィシャルサイト上でも告知されたが、家族に見守られての最期だったという。

レナード氏は1925年10月11日、米ニューオーリンズ生まれ。51年に短編小説「Trail of the Apaches」で作家デビュー。初期には多くのウェスタン小説を執筆し、なかでも53年の短編「3:10 to Yuma」は、57年に「決断の3時10分」、07年に「3時10分、決断のとき」と2度映画化された。70年代以降は犯罪小説を多数発表し、その独特なスタイルで名声を確立した。

クエンティン・タランティーノ監督作「ジャッキー・ブラウン」原作の「ラム・パンチ」ほか、「ゲット・ショーティ」「ビッグ・バウンス」「キャット・チェイサー」「アウト・オブ・サイト」「マジェスティック(1974)」など著作の多くが映画化された。その他の代表作に「スティック」「グリッツ」「ラブラバ」など。

レナード氏は晩年も勢力的に執筆活動を続け、死亡当時、すでに46作目の小説に着手していたという。

奇しくも、同じく映画界とのつながりが深かったリチャード・マシスン氏(「アイ・アム・レジェンド」)も、今年6月に87歳で死去している。

ジャッキー・ブラウン[DVD] ジャッキー・ブラウン[DVD] 最安価格: ¥1,030 武器密売人の金を運ぶバイトをしているスチュワーデスが、金を横取りしようと企む姿をハイテンポに描いた痛快サスペンス。原作:エルモア・レナード
ビー・クール[DVD] ビー・クール[DVD] 最安価格: - 映画プロデューサーとして成功した元取立て屋のチリが音楽業界に挑む!破産寸前のレコード会社社長と共に、才能ある無名のシンガーをスターにするため音楽業界に挑む男の姿を描いた作品。原作:エルモア・レナード

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi