園子温監督×染谷将太、第70回ベネチア国際映画祭記念企画に参加決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年8月19日 > 園子温監督×染谷将太、第70回ベネチア国際映画祭記念企画に参加決定!
メニュー

園子温監督×染谷将太、第70回ベネチア国際映画祭記念企画に参加決定!

2013年8月19日 16:30

「ヒミズ」の園監督×染谷コンビで70回記念を祝う「ヒミズ」

「ヒミズ」の園監督×染谷コンビで70回記念を祝う
(C)2013 GAGA Corporation
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 鬼才・園子温監督が、今年第70回を迎えるベネチア国際映画祭の記念企画「Venezia 70 - Future Reloaded(ベネチア70 フューチャー・リローデッド)」に参加することが発表された。企画のために製作される短編には、園監督の「ヒミズ」で同映画祭のマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞した俳優・染谷将太が主演する。

本プロジェクトは、世界の映画監督70人が「映画の未来」というテーマのもと新たに製作した60~90秒の短編を、映画祭期間中に一挙上映する試み。今年の審査員長を務めるベルナルド・ベルトルッチをはじめ、アッバス・キアロスタミウォルター・サレスアトム・エゴヤンアミール・ナデリら名匠たちの参加が決定している。

園監督がメガホンをとった「私の未来は映画の未来、映画の未来は私の未来」は、開幕日の8月28日(現地時間)に上映後、翌29日から映画祭の公式ホームページでストリーミング配信される予定。2010年に「冷たい熱帯魚」がオリゾンティ部門、翌11年に「ヒミズ」がコンペティション部門に出品され、同映画祭と縁のある園監督は、「ベネチアにはたくさんの思い出が刻まれています。それは私の宝物です。このプロジェクトに参加できた事を光栄に思います」とコメントを寄せた。

7月19日以降、プロジェクトの参加者が数名ずつ発表されており、アジアからは、昨年「嘆きのピエタ」で金獅子賞を戴冠したキム・ギドクをはじめ、「長江哀歌」(06)で同賞を受賞したジャ・ジャンクーほか、ホン・サンスアピチャッポン・ウィーラセタクンブリランテ・メンドーサらの参加が決まっている。その他、ハリウッド俳優ジェームズ・フランコや、スペインの女性監督イザベル・コイシェ、開催地イタリア出身のエルマンノ・オルミら、多彩な顔ぶれがそろう。

同映画祭オリゾンティ部門に正式出品された、園監督の長編最新作「地獄でなぜ悪い」は、9月28日公開。

愛のむきだし[Blu-ray/ブルーレイ] 愛のむきだし[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,635 園子温監督が、実話をベースに描く究極の純愛物語。
ヒミズ コレクターズ・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] ヒミズ コレクターズ・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,385 カリスマ漫画家・古谷実の原作コミックを鬼才・園子温監督が実写映画化!出演:染谷将太

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi