アメリカで3D上映館の動員が減少 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年8月15日 > アメリカで3D上映館の動員が減少
メニュー

アメリカで3D上映館の動員が減少

2013年8月15日 10:00

3D映画を敬遠する理由は?「ウルヴァリン:SAMURAI」

3D映画を敬遠する理由は?
Photo:windsordi(Flickr)
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アメリカで3D映画を敬遠する観客が増えていると、ニューヨークタイムズ紙が報じた。

今夏公開されたCGアニメ映画「ターボ(原題)」、ヒュー・ジャックマン主演作「ウルヴァリン:SAMURAI」は、いずれも2Dと3Dで公開されたものの、オープニングの興行収入における3D上映の占める割合は3割以下だった。数年前には、3D上映館からの収入が6割だったことから、現在の観客が2D映画を好む傾向が浮き彫りになった。

米調査会社IHSのリサーチによれば、2013年上半期の3D上映館からの収入は10億5000万ドルで、前年の12億1000万ドルから13.1%減。3D上映の入場料が割高なのに加え、大半の3D映画に観客が付加価値を見いだすことができないことが原因のひとつ。「アバター」や「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」のような驚異の映像世界がなければ、2Dでも構わないというのが一般観客の心境のようだ。

アバター 3Dブルーレイ&DVDセット<2枚組>[Blu-ray/ブルーレイ] アバター 3Dブルーレイ&DVDセット<2枚組>[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,532 世界各国で大ヒットを記録した、ジェームズ・キャメロン監督が贈るSFアクション大作!
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 4枚組コレクターズ・...[Blu-ray/ブルーレイ] ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 4枚組コレクターズ・...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - もっとも権威ある文学賞であるブッカー賞に輝いた、映像化不可能と言われた世界的ベストセラー小説を待望の映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi