千葉真一、長男のハリウッドデビューを報告 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年7月17日 > 千葉真一、長男のハリウッドデビューを報告
メニュー

千葉真一、長男のハリウッドデビューを報告

2013年7月17日 20:54

ブルース・リーとの思い出を語った千葉真一「李小龍(ブルース・リー) マイブラザー」

ブルース・リーとの思い出を語った千葉真一
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の千葉真一が7月17日、公開中のブルース・リー生誕70周年記念映画「李小龍(ブルース・リー) マイブラザー」のトークイベントに出席。ブルース・リーから共演オファーを提案されたことがあるという千葉は、「彼は映画俳優というよりは武道家としての哲学をもった“ホンモノ”。彼にものすごく関心があったし、どんな作品にするかなんて全く考えていなかった。もし彼がいてくれたら、東南アジアの映画界がどれだけ変わっていたか。とてもとても残念」と32歳という早過ぎた死を悔やんでいた。

ブルース・リーの実弟ロバート・リーが製作総指揮・監修を務めた本作。千葉は、初めてブルース・リーの映画を見た時の衝撃を振り返り、「すごい人が出てきたなと。あの人の目と動きは神業的なもの。とにかく肉体を良く知っていて、常に相手の筋肉の動きを読んでいる。素晴らしい方が亡くなってしまった」と故人に思いを馳せた。さらに、「あれを見てからしばらく空手はやりたくなかった。だからといって真似しても同じことができるわけはない。俺は俺なりのものでやるしかないと考えた」と新たな道を模索したという。

共演するはずだった幻の作品についても「ある日、事務所に『ブルース・リーに興味があるか?』と香港から問い合わせがあった。興味があるなら香港で会って話をしようと。ぜひ会いたいと向かい、いざ着いたら大変なニュース(訃報)になっていた。ホテルの中であ然とし、俺に会いたくない口実かと最初は嘘だと思った。夢の夢で終わってしまった」と明かした。

現在も精力的に映画製作を企画し続ける千葉は、有力な跡継ぎ候補として「16歳の長男(真剣佑)がハリウッドで1本主演映画を撮ったところ。俺も出ろって言われたので、息子が見る夢に出てくる宮本武蔵の役をやってきましたよ」と明かした。そして、「しょぼくれていても良い映画は作れない。『これが日本映画だ!』と世界に見てもらうためにも、ハリウッドと手を組んで日本映画に革命を起こさなくちゃいけない。チバノミクス! 夢はまだまだ捨てちゃいない」と生涯現役を誓った。

【初回限定生産】燃えよドラゴン 製作40周年記念リマスター版 ブ...[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回限定生産】燃えよドラゴン 製作40周年記念リマスター版 ブ...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥7,179 麻薬製造の大ボスと噂される人物の正体を暴くため彼の要塞島で開かれる武闘大会に参加するリー。カンフー・アクションにスパイ・サスペンスを融合させ、復讐、裏切り、陰謀といった要素を間断なく展開させた故B・リーの最高傑作アクション。
生誕70周年記念DVD『ブルース・リー 最後の伝説』[DVD] 生誕70周年記念DVD『ブルース・リー 最後の伝説』[DVD] 最安価格: ¥3,292 孤高の天才ブルース・リーの足跡と、謎に彩られた死を解き明かすドキュメンタリーの決定版。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi