水崎綾女、麻雀漬けの撮影の日々で「夢にまで麻雀用語が出てきた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年7月7日 > 水崎綾女、麻雀漬けの撮影の日々で「夢にまで麻雀用語が出てきた」
メニュー

水崎綾女、麻雀漬けの撮影の日々で「夢にまで麻雀用語が出てきた」

2013年7月7日 06:30

和気あいあいとした「真・兎 野性の闘牌」初日舞台挨拶「真・兎 野性の闘牌」

和気あいあいとした「真・兎 野性の闘牌」初日舞台挨拶
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気麻雀漫画を映画化した「真・兎 野性の闘牌」が7月6日に公開初日を迎え、主演の佐野和真をはじめ水崎綾女東亜優黒澤はるか福永マリカ今井雄太郎小沼雄一監督が、東京・シネマ・ロサ池袋で舞台挨拶に立った。

連載18年、累計発行部数300万部を超える伊藤誠氏の人気漫画を映画化。プロ雀士として活躍する学生たちの最強集団“ZOO”の面々の戦いを描き出す。

“兎”というのは、佐野が演じる主人公・俊に与えられたコードネーム。ZOOのメンバーにはそれぞれ、動物にちなんだネームが与えられており、佐野はこれにちなみ、ネコ模様のシャツを着て登場するなど気合い十分。本作について「いままでやってきた芝居とは違うアプローチで臨んだので、見ていただいて『どうでしたか?』と聞いてみたい」と鑑賞前の観客に神妙な面持ちで語った。

今作は、麻雀映画でありながら若い女性キャストが多いのが特徴。佐野は「肩身が狭い現場でした」と苦笑いを浮かべるが、水崎は「そんなことないでしょう? 私がうるさかったから?」と納得がいかない様子だ。小沼監督は、「水崎さんが佐野くんをいじめていた」と暴露した。この日は、佐野の両親も客席に来場しており、水崎は「ご両親の前でそういうこと言わないでください!」と慌てるひと幕もあった。

映画で麻雀のシーンがある際、リアルな雰囲気を出すため、牌を操る手の部分のみプロ雀士を使用することが多いそうだが、今作ではキャスト陣が自ら牌を操っている。水崎は「旅館で撮影していて、私だけ先に終わって寝ようと思っても、隣の部屋から『ロン!』とか聞こえてきて結局、眠れなかった。夢にまで麻雀用語が出てきましたよ」と麻雀漬けの日々を述懐。撮影最終日も夜中まで撮影が行われたそうで、佐野は「カメラに映ってないところで寝ながら打っていましたね」と過酷な撮影の一端を明かした。

ユダ -Judas- プレミアム・エディション[DVD] ユダ -Judas- プレミアム・エディション[DVD] 最安価格: ¥3,926 立花胡桃の原作をもとに、欲望渦巻く夜の世界を駆け抜けた伝説のキャバクラ嬢の野望と心の揺れをスタイリッシュな映像で鮮烈に描く衝撃作!出演:水崎綾女
水崎綾女 ACTION![DVD] 水崎綾女 ACTION![DVD] 最安価格: ¥3,990 平成生まれのFカップ、奇跡のボディとぷるるんリップで人気の“水崎綾女”が魅せるイメージDVD。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi