水崎綾女、3000人の頂点に 立花胡桃の自伝小説映画化に主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年1月8日 > 水崎綾女、3000人の頂点に 立花胡桃の自伝小説映画化に主演
メニュー

水崎綾女、3000人の頂点に 立花胡桃の自伝小説映画化に主演

2012年1月8日 07:00

「ユダ」に主演する水崎綾女「ユダ」

「ユダ」に主演する水崎綾女
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の水崎綾女が、タレントの立花胡桃の自伝小説を映画化する「ユダ」(大富いずみ監督)に主演することがわかった。今作のヒロイン役を決定するに際し、製作サイドは大々的なオーディションを敢行。水崎は、応募総数3000通を超える難関を突破し、主演を勝ち取った。

今作は、元カリスマキャバクラ嬢として人気を誇った立花の人生をモチーフに、たくましく生き抜く女性の姿を描いた小説「ユダ 伝説のキャバ嬢『胡桃』」が原作。新宿・歌舞伎町でNo.1キャバ嬢にのぼりつめても、男をコントロールし、玩具のように操り、大金を稼いでいく主人公・絵里香の19歳からの8年間を描く。

オーディションには、濡れ場シーンも辞さぬ覚悟の女優から現役キャバクラ嬢まで、幅広い職種の女性たちが結集。年齢層は10代から50代にまでおよび、書類審査で300人にまで選別された。その後の二次審査では34人にしぼり込まれ、三次審査ではキャバクラ嬢の衣装での実演により、7人が最終審査に進んだ。

水崎は、「原作の小説を読んだときにビビビときて、監督に初めてお会いしたときもビビビときたので、運命を感じました」と話す。さらに、「クランクインまでの役づくりは大変ですが、素敵な作品をつくれるように頑張りたいと思います。いい意味で期待を裏切っていきます」とコメントを寄せた。

原作者の立花は、水崎を選んだことについて「一番スターへの野心があって、演技力があって、要求したことへの反応が早くて、スタイルが悪かったのが彼女」と説明。そして、「合格してから減量のために野菜スープしか口にしていません。その根性に期待大!」と撮入を心待ちにしている様子だ。メガホンをとる大富監督も、「水崎さんの中にうごめく本能を、この作品で大暴れさせてくれるのを楽しみにしています」と語っている。

ユダ」は、2012年に公開。

Xmasの奇蹟 DVD-BOX[DVD] Xmasの奇蹟 DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥24,192 パク・ヨンハが最初で最後の日本のTVドラマ主題歌を担当したことでも話題となったラブロマンス。水崎綾女出演。
アベックパンチ ~通常版~[DVD] アベックパンチ ~通常版~[DVD] 最安価格: ¥3,192 「月刊コミックビーム」で連載されたスポーツ漫画を映画化。水崎綾女出演。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi