「機動警察パトレイバー」実写版プロジェクト、押井守の参加が明らかに : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年7月4日 > 「機動警察パトレイバー」実写版プロジェクト、押井守の参加が明らかに
メニュー

「機動警察パトレイバー」実写版プロジェクト、押井守の参加が明らかに

2013年7月4日 19:07

仏パリで開催中の「第14回ジャパンエキスポ」で発表

仏パリで開催中の「第14回ジャパンエキスポ」で発表
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 今年3月の「東京国際アニメフェア 2013」会場で発表され反響を呼んだ「機動警察パトレイバー」実写版プロジェクトに、アニメーションシリーズの監督を務めた押井守が参加することがわかった。7月4日から仏パリで開催されているヨーロッパ最大の日本文化とエンタテインメントの祭典「第14回ジャパンエキスポ」会場の東北新社ブースに、同プロジェクトの新たなパネルが展示され、そこに押井守の名が掲示されていることから明らかになった。プロジェクトの公式サイト(http://patlabor-nextgeneration.com/)にも「MAMORU OSHII × THE NEXT GENERATION -PATLABOR-」と記されており、押井がどのような立場で関与するかはまだ不明だが、同プロジェクトに携わる具体的な人物の初の発表であることから、重要なポジションに就くことが予想される。

「機動警察パトレイバー」は、レイバーと呼ばれる人型作業ロボットが普及した日本を舞台に、警察のレイバー=パトレイバーを駆使して犯罪に立ち向かう警視庁特科車両二課中隊(特車二課)の活躍を描いた人気作。1988年にOVAシリーズとして発表され、その後もコミック、劇場版、テレビシリーズなどでメディアミックス展開。ゆうきまさみ(漫画・キャラクター原案)、出渕裕(メカニカルデザイン)、高田明美(キャラクターデザイン)、伊藤和典(脚本)とともに原作者グループ「ヘッドギア」に名を連ねた押井は、OVAの初期シリーズと劇場版2作を監督したほか、テレビシリーズやOVA第2シリーズで脚本を担当した。

実写版プロジェクトについては、今年3月に東京ビッグサイトで開催された「東京国際アニメフェア 2013」の東北新社ブースで、「実写版プロジェクト始動」「COMING IN 2014」と記された巨大なパネルが掲示されるかたちで明らかにされた。

それから約4カ月、大きな発表はなかったが、今回のジャパンエキスポで押井の参加を発表。押井は現在、自身初の英語作品となる実写映画「The Last Druid: Garm Wars」の製作にとりかかっており、「パトレイバー」実写版プロジェクトには具体的にどのようなかたちで参加するのかは不明だが、アニメ版の監督としてシリーズの人気に大きく貢献した経験をもつだけに、耳目を集めることは必至。ジャパンエキスポ会場では多くのフランス人来場者がブースの写真を撮るために列を連ねるなど、すでに熱い視線を浴びている。

機動警察パトレイバー 劇場版[Blu-ray/ブルーレイ] 機動警察パトレイバー 劇場版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,897 押井守監督の代表作『機動警察パトレイバー』の劇場版第1弾。
機動警察パトレイバー2 the Movie[Blu-ray/ブルーレイ] 機動警察パトレイバー2 the Movie[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,897 1993年に公開された、ヘッドギア原作の近未来SFアニメ『機動警察パトレイバー』の劇場版第2弾。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi