押井守監督、ドワンゴ・夏野剛氏との異色対談で熱論交わす : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月24日 > 押井守監督、ドワンゴ・夏野剛氏との異色対談で熱論交わす
メニュー

押井守監督、ドワンゴ・夏野剛氏との異色対談で熱論交わす

2012年10月24日 12:20

夏野剛氏と対談を行った押井守監督

夏野剛氏と対談を行った押井守監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「機動警察パトレイバー」「攻殻機動隊」シリーズなどで知られる鬼才・押井守監督が10月23日、動画サービスサイト「ニコニコ生放送」で、IT企業ドワンゴの取締役・夏野剛氏と対談を行った。

「ニコ生トークセッション 押井守×夏野剛『時事【砲弾】』~コミュニケーションはいる? いらない?~」と題されたトークショーで、2人はITビジネス、政治問題、押井作品など、さまざまなジャンルのトークを展開。「攻殻機動隊」の大ファンを公言する夏野氏は、「日本の起業家は“攻殻”を見よ! SFってリアリティをもたせつつ未来社会に起こりそうなことを提示するもので、僕のような商品・コンテンツ・サービス開発をしている人間にとってめちゃくちゃ参考になる」とリスペクトを表した。

押井監督は、「僕の場合は全部妄想なんだけど、リアルな妄想って何だろうって考える。よく警察ばかり描いていると言われるけど、警察は自分の利害で動いてないから、誰にでも会えるしどこにでも上がり込んで勝手に振る舞える。なのでドラマが作りやすい」と自作について解説した。さらに、映画製作のモチベーションについて「自分のためだったら面倒くさいから作らない。ある時までは娘のために作っていた。娘が大人になったら、次は知り合いの子どもに目をつける」と明かし、夏野氏も「日本のメーカーって物作りはうまいけど人の心を打つことができない。それは誰のために作っているのかっていうのがずれているから。社内で評価されようとばかりするけど、自分の奥さんを喜ばせてみろよと思う」と同調していた。

また、押井監督は自著「コミュニケーションは、要らない」に絡め、「コミュニケーションのメディアとして携帯だのネットだのあるけど、そのツールといえばやはり言語。バカなふりしているうちに本当にバカになっちゃう。言語能力はふだんからきちんと使っていないと」と警鐘を鳴らした。また、「政治家って台本がないとろくに答弁もできない。あげ足を取るやつが山ほどいるから、政治家は失言しないようにと曖昧にしゃべっておこうとする。失言したっていいことにすればいい。あとで謝ればいいんだから」と持論を展開していた。

イノセンス アブソリュート・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] イノセンス アブソリュート・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,635 少女型愛玩ロボットが所有者を惨殺する事件が発生。脳以外が機械化されたサイボーグ・バトーが事件の真相に迫る。監督、脚本:押井守
EMOTION the Best GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊[DVD] EMOTION the Best GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊[DVD] 最安価格: ¥1,482 精鋭サイボーグによる非公認の超法規特殊部隊“公安9課「攻殻機動隊」”と、国際的なハッカーたちとの対決を描いた、『機動警察パトレイバー』の押井守が贈る世界を震撼させたSFアクション・アニメーション。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi