高岡早紀の女優魂に、本屋大賞作家が太鼓判 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年4月27日 > 高岡早紀の女優魂に、本屋大賞作家が太鼓判
メニュー

高岡早紀の女優魂に、本屋大賞作家が太鼓判

2013年4月27日 14:10

「モンスター」初日挨拶に立った 高岡早紀、遠藤要、稲葉友、大九明子監督「モンスター」

「モンスター」初日挨拶に立った
高岡早紀、遠藤要、稲葉友、大九明子監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の高岡早紀が4月27日、東京・有楽町の丸の内TOEI2で行われた主演作「モンスター」の初日舞台挨拶に、共演する遠藤要稲葉友、大九明子監督とともに登壇した。

海賊とよばれた男」で2013年本屋大賞を受賞した百田尚樹氏の話題作を原作に、醜い容姿に苦しむ女性が、整形手術で美しさを手にしたことから、予想外の愛憎劇が繰り広げられる。高岡は整形前の和子と、整形後の未帆を演じ分け「(醜い容姿の)特殊メイクは毎日2時間くらい。ヒロインは壮絶な人生をおくった女性。さまざまな人生を背負ってきた分、たくさんの感情を表現できておもしろかった」と振り返った。

百田氏からは「超絶的なブスの和子、そして絶世の美女である未帆。この両極端なふたりの女性をひとりの女優が演じていることが、この目で見ていても信じられないほどでした。高岡早紀さんこそ、本物の女優です」とコメントが寄せられた。すると、高岡は「百田さんの原作をそのまま表現しただけ」と謙そんしながらも、「本物の女優というお言葉は、やはりうれしい。これからも常に前を向き、年を重ねていきたい」と抱負を語った。

メガホンをとった大九監督(「恋するマドリ」「東京無印女子物語」)は、「タイトルは醜い和子のことだが、誰が本当のモンスターなのかと考えながら撮影した」と述懐。当初は整形前と整形後のヒロインを、ふたりの女優が演じる案もあったというが「映画のテーマは生き抜くということ。ひとりの女優に、映画のなかで生き抜いてほしかった」と明かし、「ずっと美人の人生をおくってきたから、演じるのはしんどかったと思う」と高岡をねぎらっていた。

忠臣蔵外伝 四谷怪談[DVD] 忠臣蔵外伝 四谷怪談[DVD] 最安価格: ¥1,854 怪談「東海道四谷怪談」を原点に、忠臣蔵の物語と融合させ、元赤穂藩侍の民谷伊右衛門と湯女・お岩との恋愛劇の中に四十七士の吉良邸討ち入りのドラマを織り込んだ時代劇。出演:高岡早紀
はりまや橋[DVD] はりまや橋[DVD] 最安価格: ¥2,030 自らも英語教師として高知に暮らした経験を持つアロン・ウルフォーク監督が、単純な“外国人から見た日本”ではなく、日本の美しさや人々の温かさを織り交ぜ描いた感動の物語。出演:高岡早紀

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi