大森南朋、兄・大森立嗣監督の信念に「役者に好かれるゆえん」と信頼 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年4月12日 > 大森南朋、兄・大森立嗣監督の信念に「役者に好かれるゆえん」と信頼
メニュー

大森南朋、兄・大森立嗣監督の信念に「役者に好かれるゆえん」と信頼

2013年4月12日 16:10

兄弟でトークショーに参加!「ぼっちゃん」

兄弟でトークショーに参加!
[拡大画像]

[映画.com ニュース]俳優の大森南朋が4月11日、東京・代官山蔦屋書店で行われた映画「ぼっちゃん」の“劇場を飛び出して場外乱闘トークショー&サイン会”に、兄で今作のメガホンをとった大森立嗣監督、主演した水澤紳吾淵上泰史とともに出席。和気あいあいとした雰囲気のなか、本作にまつわるエピソードから過去の思い出話までを語り明かした。

秋葉原無差別殺傷事件の犯人をモチーフにした本作。インターネットの掲示板に孤独を吐き出し続けた若者の姿を通して、ひとりの人間の内面を独特のユーモアで描き出す。南朋は、本作にプロデューサーとして参加。水澤から「タツさん(大森監督)と一緒に映画をつくろうと思ったのはなぜか」と問われると、「最近いい映画つくるなと思って」と吐露。その言葉を聞いた立嗣監督は、「日本の映画は大きいものから自主映画の勢いもあって。瀬々(敬久)さんが『ヘヴンズストーリー』をつくっているのを見ていて、オレもそういうのつくりたいなって。自由で凶暴なやつ。『ゲルマニウムの夜』以降、丸くなっているんじゃないかって言われて、そんなことねえぞって(笑)」と語った。

水澤は、ふたりの兄弟関係にも踏み込み「兄弟仲はどうだったんですか?」と質問。南朋は、後輩からの思わぬ問いかけに戸惑いながらも「各々勝手に生きていたら、30歳くらいで交差するようになって。『ゲルマニウム』に映画を撮りたいっていう鬱屈した思いが込められているなと感じた」と述懐。立嗣監督が「良い芝居がしてほしいだけだから。俳優って緊張するのよ。俳優もやるからわかる。オレの映画にはそういう緊張はいらない」と信念を明かすと、「これが役者に好かれるゆえん」と信頼を寄せていた。

水澤と渕上は、ともに学生時代スポーツに取り組んできた。サッカークラブ・ガンバ大阪のユースチームで活躍した経験を持つ渕上は「恩師が、僕がサッカー(選手)から役者になったことが信じられないって、涙ちょちょぎれながら話してくれて。うれしいですよね」と照れくさそうにニッコリ。一方の水澤は、野球部のマネージャーを務めた高校時代について「お茶を出したりしていました。部室にいたせいで真っ白で、運動もしていなかったから小さかった。中学生と間違われたりしました(笑)」とぼやき、笑いを誘った。

まほろ駅前番外地 DVD BOX[DVD] まほろ駅前番外地 DVD BOX[DVD] 最安価格: ¥13,165 いろいろあるのさ、誰だって。職業、便利屋。痛快でじんわり心に響く最強バディストーリー。出演:大森南朋
ケンタとジュンとカヨちゃんの国[DVD] ケンタとジュンとカヨちゃんの国[DVD] 最安価格: ¥3,681 ゼロ年代を生きる若者たちのやり場のない怒りや衝動を描いた青春ロードムービー。監督:大森立嗣

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ライフの評論 ライフ 「エイリアン」の衣鉢を継ぐ宇宙サスペンスは、予想をくつがえすラストがトラウマ級!
  • オクジャ okjaの評論 オクジャ okja 活劇の醍醐味に満ち、国境もジャンルも自在に超える少女と巨大怪物の大冒険
  • ヒトラーへの285枚の葉書の評論 ヒトラーへの285枚の葉書 兵役で息子を失った夫婦の孤独な抵抗。映画化に至る経緯も奇跡的
映画評論の一覧を見る
Jobnavi