町山智浩、佐々木心音&伊集院光にホラー映画の豆知識を指南 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年2月27日 > 町山智浩、佐々木心音&伊集院光にホラー映画の豆知識を指南
メニュー

町山智浩、佐々木心音&伊集院光にホラー映画の豆知識を指南

2013年2月27日 13:45

トークショーに出席した(左から) 町山智浩氏、佐々木心音、伊集院光「キャビン」

トークショーに出席した(左から)
町山智浩氏、佐々木心音、伊集院光
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 全米でスマッシュヒットを記録したスリラー「キャビン」の公開を記念し2月26日、映画評論家の町山智浩氏、グラビアアイドルの佐々木心音、タレントの伊集院光が都内でトークイベントを行った。

「LOST」「クローバーフィールド HAKAISHA」の脚本で知られるドリュー・ゴダードが監督・脚本を務め、「アベンジャーズ」のジョス・ウェドンが共同脚本・プロデュースを務めたマルチ・レイヤー・スリラー。夏休みに山奥の別荘に遊びにきた大学生5人が、山小屋の地下で見つけた謎の日記を読んだことから次々と何者かに殺されていくが、その裏には一連の事件をコントロールする謎の組織の存在があった。

町山氏は、「ホラー映画で最初に死ぬのは誰かっていうと、まずエッチな女の子が死ぬ。その次はスポーツマンで、その次がガリ勉。その次がだいたいマリファナをやっている愚者と決まっている。そして、処女の女の子が最後まで生き残る」とホラー映画の法則を解説。すると、まず一番に殺されそうなキャラクターとして、アメリカのセクシーなブロンド女性をイメージしたコスチュームで佐々木が登場。ホラー映画が苦手だという佐々木は、「怖いのがまったくダメ。だけどこの映画は途中から『あれ? あれ?』って不思議な感覚になってくる。これからはもっと興味がわいてきた」とホラーに開眼していた。

伊集院もホラー映画が苦手であまり見ないそうだが、「『13日の金曜日』『スクリーム』に続き、今回の『キャビン』。運良くホラー映画の進化の過程を見ている感じでうれしい。俺の怖い映画との出合いのラッキーさを感じた」と絶賛。これまでの名作ホラーを踏襲した何層にも練られた深い構造に、「ホラー映画の豆知識がすごく欲しい。元ネタが分かると倍面白い!」と町山氏の解説にうなっていた。

町山氏は、「タイトルの出方はミヒャエル・ハネケの『ファニーゲーム』だし、山小屋はサム・ライミの『死霊のはらわた』。物語のベースは、古代から飛来した怪獣に人類がいけにえを捧げ続けるという『クトゥルフ神話』がもとになっている」と解説。また、「最近のアメリカのホラー映画はタコ壷みたいになっている。ホラー好きな人のために作って好きな人しか見ない。『キャビン』はその袋小路を突破した映画」と称賛していた。

キャビン」は3月9日から公開。

クローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディション[DVD] クローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディション[DVD] 最安価格: - 謎に包まれた内容と宣伝展開で話題になった「クローバーフィールド」がDVD化。ニューヨークのとあるアパートで日本への転勤が決まったロブの送別パーティー中、突然正体不明の巨大生物が出現して自由の女神を破壊し、街はパニックに…。脚本:ドリュー・ゴダード
アベンジャーズ 3Dスーパー・セット(4枚組/デジタルコピー &...[Blu-ray/ブルーレイ] アベンジャーズ 3Dスーパー・セット(4枚組/デジタルコピー &...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 地球侵略のカウントダウンが開始された時、人類の未来は、最強の力を持つ7人のヒーローたち、≪アベンジャーズ≫に託された。はたして彼らは地球を救うことができるのか?監督・脚本:ジョス・ウェドン

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi