高良健吾、吉高由里子&沖田修一監督の「好きだよ」に大照れ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年2月23日 > 高良健吾、吉高由里子&沖田修一監督の「好きだよ」に大照れ
メニュー

高良健吾、吉高由里子&沖田修一監督の「好きだよ」に大照れ

2013年2月23日 16:46

満開の笑みを浮かべる高良健吾と吉高由里子「横道世之介」

満開の笑みを浮かべる高良健吾と吉高由里子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の高良健吾が2月23日、東京・新宿ピカデリーで行われた主演作「横道世之介」の初日舞台挨拶に、共演する吉高由里子池松壮亮伊藤歩綾野剛、メガホンをとった沖田修一監督とともに登壇した。公開前のプロモーションでは、約190媒体の取材を受ける大車輪の活躍。それだけに「本当に大好きな映画なので、初日を迎えても不思議と『これで終わり』と思えない。結果じゃなく、人が生きる過程を描いているからかもしれない」と感無量の面持ちだった。

そんな高良に対し、5年ぶりに共演した吉高は「戦友であり、心から信頼できる人。この映画が泣きそうなくらい大好きなのも、高良君が相手だったから。高良君のこと……、好きだよ」と感謝の言葉を捧げ、4度目のタッグとなった沖田監督も「初めて高良君を主演に迎えることができて、胸がいっぱい。高良君、好きだよ」と語りかけた。盟友ふたりの言葉に、高良は「うれしいけど、恥ずかしいです」と大照れしていた。

原作は2010年本屋大賞3位、第23回柴田錬三郎賞を受賞した吉田修一氏の小説。1980年代を舞台に、長崎の港町から上京した大学生・横道世之介(高良)、恋人で社長令嬢の与謝野祥子(吉高)らが青春を謳歌する姿が描かれる。同日、全国200スクリーンで封切られた。

登場人物たちの16年間を描いた内容にちなみ、高良は「自分自身の16年後は想像もできないが、もし16年後にも『横道、好きです』って言われたうれしい」。沖田監督にとっては「監督として、一生付きあっていく映画」だといい、「ご覧になった皆さんの“心の一歩”になれば。末永く愛してくれる人が、一人でも多くいてくれれば」と強い思い入れを語っていた。

蛇にピアス[DVD] 蛇にピアス[DVD] 最安価格: ¥3,201 蛇の舌、顔中のピアス、背中に龍の刺青を入れた男・アマと出会い、付き合うようになった19歳のルイ。しかし一方で、ルイは彼の紹介で出会ったサディスト彫り師・シバとも関係を持ち始める。R-15指定作品。出演:高良健吾、吉高由里子
M-ON! 10th Anniversary × SPEEDSTAR RE...[DVD] M-ON! 10th Anniversary × SPEEDSTAR RE...[DVD] 最安価格: ¥2,474 音楽専門チャンネル・MUSIC ON! TVが開局10周年を記念し、SPEEDSTAR RECORDSと組んで制作した撮り下ろしドラマがDVD化!監督・脚本:沖田修一

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi