ロサンゼルスのエンタメ業界、雇用が3.7%アップ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年2月2日 > ロサンゼルスのエンタメ業界、雇用が3.7%アップ
メニュー

ロサンゼルスのエンタメ業界、雇用が3.7%アップ

2013年2月2日 21:15

ロサンゼルスの娯楽産業での雇用がアップ!

ロサンゼルスの娯楽産業での雇用がアップ!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ロサンゼルスの娯楽産業での雇用が、2012年は4%近くアップしたと、ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。

長編映画の製作本数増加とCM撮影の急増で、前年比3.7%のアップ。07年のサブプライム問題に端を発した、不況以前の雇用状況に戻りつつある。

Los Angeles County Economic Development Corp.の首席エコノミスト、ロバート・クレインヘンツ氏は、このニュースを歓迎しつつも「過去10年間のピーク時と比較して、まだ低い」と指摘。特に、1時間のテレビドラマの制作が、ニューヨーク州など税優遇措置を積極的に実施する州に流出しているためで、テレビを含むラジオ、ケーブル放送の分野における雇用は前年比1.6%ダウンしている。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi