ロバート・ゼメキス監督「ロジャー・ラビット」続編を3Dで希望 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年12月7日 > ロバート・ゼメキス監督「ロジャー・ラビット」続編を3Dで希望
メニュー

ロバート・ゼメキス監督「ロジャー・ラビット」続編を3Dで希望

2012年12月7日 19:06

1988年公開作「ロジャー・ラビット」「ロジャー・ラビット」

1988年公開作「ロジャー・ラビット」
写真:Album/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ロバート・ゼメキス監督が、1988年の監督作「ロジャー・ラビット」の続編のメガホンをとることになれば3D作品にしたいと、MTVのインタビューで語った。

ロジャー・ラビット」は実写とアニメーションを合成した作品で、アニメの登場人物の住む町トゥーンタウンを舞台に、人気キャラクターのロジャーと探偵エディ(ボブ・ホスキンス)の活躍が描かれる。

続編については既に脚本が完成し、ウォルト・ディズニーのゴーサインを待っている状態だという。「もし私が監督するなら、1作目と同じような手法を使うけど3Dで公開する。アニメ部分はすべて手書きで、平面的だけど3Dなんだ。ピクサーとは違った3D作品になるだろう」とイメージを説明した。

また、「スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス」や「タイタニック」といった過去のヒット作が3Dに変換されて上映されているが、自身の作品のなかで3Dに変換してもいいと思えるのは「ロジャー・ラビット」だけと発言。実際、06年のテスト映像はよく出来ていたと明かしている。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズについては、「そうする意図が分からない」と述べた。

ゼメキス監督の最新作「フライト」は、2013年3月1日から日本で公開。

ロジャー・ラビット[DVD] ロジャー・ラビット[DVD] 最安価格: ¥1,000 スティーブン・スピルバーグ製作総指揮と「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のロバート・ゼメキス監督で贈る、実写とアニメを合成したファンタジームービー。ミッキー・マウス、ダンボなどのディズニー・キャラクターも多数出演。出演:ボブ・ホスキンス
タイタニック 3D・2Dブルーレイ コレクターズBOX〔3,50...[Blu-ray/ブルーレイ] タイタニック 3D・2Dブルーレイ コレクターズBOX〔3,50...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 豪華客船で出会った身分違いの男女の切なくも美しい愛を描いたジェームズ・キャメロン監督の大ヒット巨編。レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレットほか出演。2時間半を超える特典映像を新たに追加。29種類の未公開シーン集ともうひとつのエンディングを収録。3Dと2Dがセットになった4枚組。豪華特典付きコレクターズBOX。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi