ゼメキス監督、「キャスト・アウェイ」以来の実写映画に着手 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月13日 > ゼメキス監督、「キャスト・アウェイ」以来の実写映画に着手
メニュー

ゼメキス監督、「キャスト・アウェイ」以来の実写映画に着手

2011年9月13日 11:19

ゼメキス監督、久々の実写映画「フライト」

ゼメキス監督、久々の実写映画
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ロバート・ゼメキス監督がデンゼル・ワシントン主演映画「フライト(原題)」を手がけることが正式決定したと、Deadlineが報じた。

故障した飛行機での生還に成功し、英雄扱いされることになったパイロットの苦悩を描くストーリー。「コーチ・カーター」や「陽だまりのグラウンド」の脚本を執筆したジョン・ゲイティンズのオリジナル作。「ポーラー・エクスプレス」以降モーション・キャプチャー映画のみを制作していたゼメキス監督にとっては、「キャスト・アウェイ」以来の実写映画となる。なお、ゼメキス監督はケン・グリムウッドのSF小説「リプレイ」の準備を進めていたが、「フライト」を優先させるために、すでに降板しているという。

フライト」は今年10月、ジョージア州アトランタでクランクインする。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi