I・バーグマンの遺作「秋のソナタ」公開 フジコ・ヘミングが思わぬ共通点に感激 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年12月7日 > I・バーグマンの遺作「秋のソナタ」公開 フジコ・ヘミングが思わぬ共通点に感激
メニュー

I・バーグマンの遺作「秋のソナタ」公開 フジコ・ヘミングが思わぬ共通点に感激

2012年12月7日 20:10

「秋のソナタ」の一場面「秋のソナタ」

「秋のソナタ」の一場面
(C)1978 AB Svensk Filmindustri
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 今年没後30年を迎えたイングリッド・バーグマンの遺作で、巨匠イングマール・ベルイマン監督作「秋のソナタ」デジタルリマスター版が12月8日公開される。バーグマンの最高傑作と言われる本作を鑑賞したピアニストのフジコ・ヘミング氏が、感想と共に驚きのエピソードを明かした。

バーグマンが演じる奔放に生きるピアニストの母と、抑圧されて育った娘との壮絶な葛藤を描いた人間ドラマ。「どれだけ月日が経っても色あせない魅力を持つイングリッド・バーグマンリブ・ウルマンは本物の大女優と呼ぶにふさわしい」とスウェーデンを代表する女優ふたりの対じに称賛をおくるヘミング氏の本名は、イングリッド・フジコ・ゲオルギー・ヘミング。本作の主演、バーグマンと同じファーストネームで、しかもピアニストであることに縁を感じたそうだが、本作とヘミング氏をつなぐもうひとつの共通点があった。

ヘミング氏の関係者は「実はフジコが一番感激していたのは、エンドロールで、クロード・ジェネテーという人がチェロ演奏をしていることを見つけたことです。この人はフジコの6年間のストックホルム在住期間を通じてピアニストとしてのフジコを支援してくれ、放送番組出演を何度もアレンジしてくれた恩人だそうで、彼の名前を見つけてびっくりすると同時にとても嬉しくなったそうです」と明かす。

ジェネテー氏は、スウェーデンの著名な指揮者であり、ヴァイオリン、チェリストとしても活躍。本作では、画面には実際に登場しないものの、バーグマン演じるシャロッテの愛人がバッハ「組曲第4番変ホ長調」のチェロ演奏をするシーンを担当している。スウェーデン人の父と日本人ピアニストの母をもち、日本とヨーロッパを舞台に活躍するヘミング氏にとって本作は忘れ難い作品になったようだ。

またヘミング氏のほか、ベルイマン作品に思い入れの深い二人からコメントが寄せられた。作家の柳美里氏は「母の許されざる弁明と、娘の憎悪と渇望がぶつかり合う。その不協和音に心臓をつかみ出されるのだが、痛みの中、耳もとで響く、その心臓の鼓動は、絶望的な希求として祈りのように息づく」と語り、映画評論家の蓮實重彦氏は「『秋のソナタ』は、その作品をめぐってつぶやかれるだろうありとあらゆる言葉を超えて、それが映画として存在しているというただその一点において、祝福されねばならぬ作品である」と評している。

秋のソナタ」は現在VHS、DVD版とも絶版となっており、30年の時を経てよみがえるという記念すべき機会にぜひ劇場で味わって欲しい。また、ベルイマン監督の代表作「第七の封印」「野いちご」「処女の泉」をデジタルリマスター上映する「イングマール・ベルイマン特集」も2013年初夏に予定されている。

秋のソナタ」は12月8日渋谷ユーロスペースほか全国で順次公開。

さよならをもう一度[DVD] さよならをもう一度[DVD] 最安価格: - フランソワーズ・サガン原作「ブラームスはお好き」を映画化。出演:イングリッド・バーグマン
夜の訪問者 ニュープリント版[DVD] 夜の訪問者 ニュープリント版[DVD] 最安価格: ¥3,732 フランス南部の港町で観光客相手に釣り船商売を営むジョーは、妻と娘の3人で静かに暮らしていた。しかしある夏の夜、突然の訪問者によって生活は一変する。家族を人質にとられたジョーは、助けるために立ち向かうが─。出演:リブ・ウルマン

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi