インパルス・堤下、チュチュ姿で白鳥の舞「ただひたすらにつらい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年11月29日 > インパルス・堤下、チュチュ姿で白鳥の舞「ただひたすらにつらい」
メニュー

インパルス・堤下、チュチュ姿で白鳥の舞「ただひたすらにつらい」

2012年11月29日 18:31

チュチュ姿を披露したインパルス・堤下「ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ!」

チュチュ姿を披露したインパルス・堤下
[拡大画像]

[映画.com ニュース] お笑いコンビ「インパルス」の堤下敦が11月29日、若きバレエダンサーたちに迫ったドキュメンタリー「ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ!」の公開記念イベントに出席。白いチュチュ姿の堤下は、3~9歳までの少女バレエダンサー17人とともに「白鳥の湖」を踊りながら登場し、「ただひたすらにつらい。美しいものに対してこういう醜い姿をさらしてしまい、生徒さんに申し訳ない。悪い見本として見てほしい」と自虐的に笑った。

ローザンヌ国際バレエコンクールと並ぶ世界最大級のバレエコンクール、ユース・アメリカ・グランプリに挑む若きバレエダンサーたちに迫ったドキュメンタリー。バレエ経験のある女性ジャーナリストのベス・カーグマンがメガホンをとり、最終選考に出場する6人に密着。撮影・編集に2年の歳月を費やし、個性豊かな子どもたちの素顔や家族のドラマを浮き彫りにする。

堤下はバレエダンサーの彼女にプロポーズするため、古典バレエの名作「白鳥の湖」よりオデット姫の求愛ダンスを猛特訓し、見事結婚までこぎ着け1児を授かるという“バレエ婚”経験者。「プロポーズの1カ月半くらい前からほぼ毎日レッスン場に通った。奥さんからは昨日『それにしても汚かったね』って言われた」と嘆き節。第2子の予定は特にないそうだが、男の子が生まれバレエをやりたいと言ったら「熊川哲也さんのようになって、日本のバレエを牽引していってほしい。一緒に共演する日がくれば」と妄想をふくらませた。また、「うちの奥さんもバレエをやっているので、ご飯を食べているときも背筋が伸びている。これくらい小さい頃からやっているとすごく体も柔らかいし、礼儀や作法なども身に付くから良いと思う」と子どもたちに温かい視線をおくっていた。

映画については、「僕は短い期間しかやっていないけれど、ここにいる子たちは将来大きな舞台に立っていく。その生身の人間の姿が投影されていて、バレエを通して挫折や喜びがひとつにまとまっている映画」とアピールした。

ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ!」は12月1日から公開。

熊川哲也 くるみ割り人形[DVD] 熊川哲也 くるみ割り人形[DVD] 最安価格: ¥6,571 破格の制作費で作り上げた豪華絢爛の舞台“くるみ割り人形”の映像作品が登場!熊川哲也が監督・演出・振付も手掛けた、ファンタジックでミステリアスな美の舞台。
アフロ田中[DVD] アフロ田中[DVD] 最安価格: ¥3,285 まだ見ぬ彼女を探し求める妄想男子、間違えまくりの奮闘記。強烈な天然パーマの田中広は、24歳になっても彼女が出来ず、日々をなんとなく過ごしていた。そんな時、学生時代からのダメ仲間が結婚するという知らせが舞い込み、とある約束を思い出す…。出演:堤下敦

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi