インパルス板倉&なだぎ武がトークで完敗?「エリートヤンキー三郎」会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年8月15日 > インパルス板倉&なだぎ武がトークで完敗?「エリートヤンキー三郎」会見
メニュー

インパルス板倉&なだぎ武がトークで完敗?「エリートヤンキー三郎」会見

2008年8月15日 12:00

竹内&小沢兄弟の武勇伝は、TVじゃ放送できない!?

竹内&小沢兄弟の武勇伝は、TVじゃ放送できない!?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 阿部秀司の同名人気漫画(単行本累計売上げ450万部)を原作とした「劇場版 エリートヤンキー三郎」(山口雄大監督)の製作現場記者会見が8月14日、東京・東映東京撮影所で行われ、主演の石黒英雄、共演の板倉俊之(インパルス)、山本ひかる小沢仁志小沢和義、なだぎ武、竹内力、山口監督が出席した。

本作は、2人の極悪ヤンキーを兄に持つ内気でごくフツーな高校生の大河内三郎(石黒)の受難を描くギャグ・アクションムービー。07年春にはテレビ東京でTVドラマ化され、今回の劇場版のメインキャストはドラマ版のキャストをほぼ踏襲している。

ドラマ版からの続投となる石黒は、映画化決定の際の感想について「ビックリしました。それからは体力と精神勝負の毎日でした」と緊張しながら挨拶し、共演のなだぎや小沢仁志から「暗いわ、お前」「つまんねーよ」とイジラれる始末。一方、三郎のガールフレンドの春菜役に劇場版で抜擢された山本は、「(春菜は)恥ずかしがり屋で純粋だけど、実は怒るとコワかったりする子。とてもやりがいのある役でした」と話し、その堂々とした姿に、なだぎも「板倉の100倍しっかりしてる!」と感心しきり。

また、最凶のヤンキー兄弟を演じた小沢兄弟は、仁志が「真夏に学園ドラマ撮るんじゃねえよ!」とドスを効かせたかと思えば、弟の和義は「40(歳)超えで特攻服着るだけでも抵抗あるのに、監督の要望で幼稚園児まで演じました」と苦笑しながら舞台裏を明かした。また“ヤンキー”というテーマにちなみ、武勇伝を聞かれたなだぎは「友近を彼女にしたことかな。これに尽きる!」と話し、会場を爆笑の渦に巻き込んだ。

「劇場版 エリートヤンキー三郎」は09年春公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi