人気声優の坂本真綾「やりがいあった」“1人5役”に達成感 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年11月27日 > 人気声優の坂本真綾「やりがいあった」“1人5役”に達成感
メニュー

人気声優の坂本真綾「やりがいあった」“1人5役”に達成感

2012年11月27日 21:19

5役の吹き替えを担当した坂本真綾「夜のとばりの物語」

5役の吹き替えを担当した坂本真綾
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 声優の坂本真綾が11月27日、日本語版の吹き替えを担当した仏長編アニメーション「夜のとばりの物語」のブルーレイ&DVD発売記念イベントを都内で行った。本作を配給する三鷹の森ジブリ美術館の中島清文館長とともに登場し、“1人5役”に挑んだ役作りや作品の見どころを語った。

キリクと魔女」「アズールとアスマール」で知られるミッシェル・オスロ監督が、異なる歴史や世界、文化の中で生きる少年少女の愛をテーマにした短編6編を、美しい色彩でつむぎ出した影絵アニメーション。現在大ヒット中の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」で真希波・マリ・イラストリアス役を務める坂本が、本作では“少女”役で5つのエピソードに出演しており「あるときはお姫様、またあるときは下町の娘。難しかったですけど、やりがいがありました」と達成感。「影絵が想像力をかきたててくれるし、1話ごと舞台や衣装も変わるので、自然と(役が)引き出された」と本作ならではの魅力が、役作りを後押ししたようだ。

そんな坂本に対し、中島館長は「影絵の魅力はもちろん、坂本さんの声がキャラクターの表情を想像させる、すばらしい吹き替え。もはや『坂本さんの映画』といっても過言ではない」と大絶賛。坂本は「言い過ぎだと思います……」と恐縮しきりだった。

来年1月には続編「夜のとばりの物語 醒めない夢」が日本で公開されることになっており、引き続き三鷹の森ジブリ美術館ライブラリーが配給。坂本もボイスキャストとして続投し「ファンタジックな前作に比べると、よりリアルなお話が多くて、親近感をもって演じることができた」。続編は夢がテーマで「私の夢ですか? ロシアとクロアチアに行ってみたいですね。シベリア鉄道に乗ってみたいし、ミルコ・クロコップ(クロアチア出身の格闘家)のファンなので」と自身の夢を明かした。

夜のとばりの物語」ブルーレイ&DVDは12月5日発売。「夜のとばりの物語 醒めない夢」は2013年1月19日から全国で公開される。

夜のとばりの物語 3D&2D ブルーレイ[Blu-ray/ブルーレイ] 夜のとばりの物語 3D&2D ブルーレイ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,046 「キリクと魔女」「アズールとアスマール」の鬼才ミッシェル・オスロが、光と影と圧倒的な色彩美で6つの愛の物語を描いた作品。3D版と2D版を収録のBlu-ray。声の出演:坂本真綾
キリクと魔女[DVD] キリクと魔女[DVD] 最安価格: ¥3,456 人類発祥の地・アフリカの村を舞台に、好奇心旺盛な小さな子供キリクが、賢者が住むという“禁じられたお山”を冒険する姿を描く。原作・脚本・監督を務めたミッシェル・オスロにとって初の長編作品となったアニメーション。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi