坂本真綾、影絵から「見えないはずの生き生きとした表情感じた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年7月11日 > 坂本真綾、影絵から「見えないはずの生き生きとした表情感じた」
メニュー

坂本真綾、影絵から「見えないはずの生き生きとした表情感じた」

2012年7月11日 21:45

日本語版吹き替えを務めた坂本真綾と逢笠恵祐「夜のとばりの物語」

日本語版吹き替えを務めた坂本真綾と逢笠恵祐
[拡大画像]

[映画.com ニュース] フランスのアニメーション映画で、スタジオジブリと三鷹の森ジブリ美術館の配給による「夜のとばりの物語」のヒットを記念して7月11日、都内の劇場で日本語吹替え版の声優を務める坂本真綾逢笠恵祐が舞台挨拶を行なった。

キリクと魔女」「アズールとアスマール」の鬼才ミッシェル・オスロによる本作。愛の深さ、愛の証し、愛する者の選択など愛をテーマに6つの物語が展開する。坂本は“少女”役で5話、逢笠は“少年”として全6話に登場。ともに人気声優で「週に3回会うくらい」(坂本)一緒に仕事をする機会も多く、気心も知れているため本作の仕事もスムーズに進んだという。

オスロ監督の独特の映像について、坂本は「影絵と聞いて最初はトーンの暗い静かな作品を想像していたんですが、テンポ感がありカラフルで影絵のイメージが変わりました」と魅力を語る。一方、過去のオスロ監督作を見ていたという逢笠は、日本語版のオファーに「まずビックリしました」と述懐。作品を見て「キャラクターやおとぎ話特有の個性的な展開が魅力的でした」と印象を語った。

影絵であるため通常のアニメのように表情を読み取ることができないが、坂本は「口の動きに合わせなくていいのでよかった」とニッコリ。さらに「顔が見えないシーンでも、流れの中で見えないはずの生き生きとした表情を浮かんでくるように感じられた」と、シンプルだが美しい映像、セリフに想像力をかき立てられたようだ。

逢笠は、お気に入りのエピソードとして2話目の「ティ・ジャンと瓜ふたつ姫」を挙げ、「キャラクターがマイペースで僕にそっくりなんです」とニッコリ。坂本は映画のコピーになっている「どれぐらい私が好き?」というセリフが登場する、後半のある1話に触れ「一番ショッキングなお話ですが、意外に感じながら楽しんでもらえれば」と優しい笑みを浮かべて観客に語りかけた。

夜のとばりの物語」は新宿バルト9ほかで公開中。

キリクと魔女[DVD] キリクと魔女[DVD] 最安価格: - 人類発祥の地・アフリカの村を舞台に、好奇心旺盛な小さな子供キリクが、賢者が住むという“禁じられたお山”を冒険する姿を描く。原作・脚本・監督を務めたミッシェル・オスロにとって初の長編作品となったアニメーション。
アズールとアスマール[DVD] アズールとアスマール[DVD] 最安価格: ¥3,037 冒険と葛藤を通して、少年の成長と異なる文化の人間同士の対立と融和が描かれたファンタジー・アニメーション。本作ではエキサイティングでハートウォーミングなストーリー展開の中で“異なる者同士が分かり合うこと”の大切さを問いかける。原作・脚本・監督:ミッシェル・オスロ

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi