性転換したラナ・ウォシャウスキーが過去の自殺未遂を告白 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年10月29日 > 性転換したラナ・ウォシャウスキーが過去の自殺未遂を告白
メニュー

性転換したラナ・ウォシャウスキーが過去の自殺未遂を告白

2012年10月29日 20:30

性転換したラナ・ウォシャウスキー(左)「マトリックス」

性転換したラナ・ウォシャウスキー(左)
Photo by Jeff Vespa/WireImage
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「マトリックス」シリーズを生み出したウォシャウスキー兄弟の兄で、性転換を行ったラナ・ウォシャウスキーが、苦難に満ちた自らの子ども時代を告白した。

弟のアンディ・ウォシャウスキー、トム・ティクバ(「ラン・ローラ・ラン」)と共同監督した「クラウド・アトラス」を完成させたラナは、同作のプロモーションのため、プレスの前にいっさい登場しない従来のスタンスを一変させ、精力的にメディアに登場している。

ハリウッド・レポーター紙によれば、全米最大のLGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)の支持団体であるヒューマン・ライツ・キャンペーンは、カミングアウトした勇気を称賛し、Visibility Awardを授与。サンフランシスコで行われたパーティーに参加したラナは、受賞スピーチでトランスジェンダーとしていじめにあった子ども時代と、自殺未遂を犯したことを告白した。

25分間に及ぶスピーチは、会場に詰めかけた600人の喝采を得たという。ちなみに、過去には同賞を「プレシャス」のリー・ダニエルズ監督、「MILK」「J・エドガー」の脚本家ダスティン・ランス・ブラックらが受賞している。

マトリックス 特別版[DVD] マトリックス 特別版[DVD] 最安価格: ¥887 驚異のVFX(視覚効果)による、かつてない映像表現が話題となった近未来アクション大作。監督・脚本:アンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー
プレシャス[DVD] プレシャス[DVD] 最安価格: ¥3,201 1987年のニューヨークのハーレムを舞台に、極度の肥満体型で読み書きもほとんど出来ず、そして父親の子を妊娠した16歳の少女プレシャスがある女教師と出会ったことで、次第に人生に希望を見出していく姿を描いたドラマ。監督・製作:リー・ダニエルズ

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi