野沢雅子“発禁”人食いアシュラは「出会えて最高の役」と感無量 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年9月6日 > 野沢雅子“発禁”人食いアシュラは「出会えて最高の役」と感無量
メニュー

野沢雅子“発禁”人食いアシュラは「出会えて最高の役」と感無量

2012年9月6日 21:00

アシュラの声を担当する野沢雅子「アシュラ」

アシュラの声を担当する野沢雅子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ベテラン声優の野沢雅子が9月6日、東京・新宿バルト9で行われた主演長編アニメ「アシュラ」のプレミア上映会に、共演する声優の林原めぐみ平田広明島田敏、メガホンをとったさとうけいいち監督(「TIGER & BUNNY」)らとともに出席した。

原作はジョージ秋山が1970年に発表した同名漫画で、当時は有害図書として“発禁”扱いになったことも。野沢が演じるのは、人をも食らいながら荒れ果てた室町時代をケダモノのように生き抜いた主人公アシュラ。過去に「ゲゲゲの鬼太郎」の鬼太郎、「銀河鉄道999」の星野鉄郎、「ドラゴンボール」の孫悟空など数多くの有名キャラクターを演じてきたが、「今まで出会ってきたどの少年とも違う。声優をやっていて良かったと思える、出会えて最高の役」と感無量に面持ちだった。

相次ぐ洪水や飢きんで荒れ果てた京都に産み落とされたアシュラは、ひとりの少女・若狭(林原)と出会い、その優しさや愛に触れて人間性を取り戻すが、世の中はますます乱れ、人々は理性を失っていく。野沢は「あまりに素晴らしくビックリ。私自身、一観客としてドーンという衝撃を受けた。お客さんにこびたシーンは一切ないし、今まで出合ったことのない作品」と魅力を熱弁。アフレコ中は、アシュラの心理に近づくため「ふだんならつまみ食いしてしまうが(笑)、今回は何も食べませんでした」。そして「生きることを自然に身につける人間の素晴らしさをぜひ感じ取ってほしい」とアピールした。

共演者も「平成の時代に、こうした作品をつくる覚悟と意気込みに圧倒された。ぜひ心の準備をしてほしい」(林原)、「見終わった後、ぼう然として、しばらく席を立てなかった」(平田)、「とにかく濃い作品。すぐに答えは出さず、長い時間をかけて自分で悩んだり、考えたりしてほしい」(島田)と発言にも熱がこもる。

そんな声優陣に対し、さとう監督は「皆さん、すごかったの一言。常に予測の上をいくアフレコだった」と述懐。「わかりやすく、お客さんにお湯加減をうかがう映画が多いなか、『生きること』を本質的に訴えたかった。震災という現実を目の当たりに、生死の物語をきれい事で収めたくなかった」と語った。プレミア上映会には、主題歌を手掛ける新人シンガーソングライターの小南泰葉も出席した。

アシュラ」は9月29日から全国で公開。

TIGER & BUNNY 1[Blu-ray/ブルーレイ] TIGER & BUNNY 1[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,165 企業がスポンサーとなり、NEXTと呼ばれる特殊能力者が能力を使って街の平和を守る「ヒーロー」が存在する都市・シュテルンビルトを舞台に、崖っぷちのベテランと扱いにくい新人の、最悪で最高のヒーローコンビを描く!第1話を収録。監督:さとうけいいち
ドラゴンボール改 Blu-ray BOX 1[Blu-ray/ブルーレイ] ドラゴンボール改 Blu-ray BOX 1[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥11,505 人気TVアニメ『ドラゴンボール』が、最新デジタル技術による超美麗映像&一新された大迫力のサウンドで登場!かつて長期的に放送されたTVシリーズを大胆に再編集し、魅力を凝縮したエピソードとなっている。第4話「あの世で走れ孫悟空!100万キロの蛇の道」から第15話「絶体絶命の悟空!元気玉に願いを託せ」までを収録。出演:野沢雅子

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi