尾崎豊さん長男、生歌披露 父ゆずりの声に「本人じゃないの?」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年9月6日 > 尾崎豊さん長男、生歌披露 父ゆずりの声に「本人じゃないの?」
メニュー

尾崎豊さん長男、生歌披露 父ゆずりの声に「本人じゃないの?」

2012年9月6日 22:00

父ゆずりの歌声を披露した故尾崎豊さんの長男・尾崎裕哉「音楽」

父ゆずりの歌声を披露した故尾崎豊さんの長男・尾崎裕哉
(C)文化通信
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 尾崎が蘇った――。会場から感嘆の声が漏れた。1992年に26歳の若さで死去した歌手・尾崎豊さんの長男で、FMラジオのDJなどの活動も行っている尾崎裕哉(ひろや)が9月6日、父の足跡をたどる展覧会「尾崎豊特別展 OZAKI20」(9月7~19日/ラフォーレミュージアム原宿)の内覧会で、生歌を披露した。名曲「僕が僕であるために」をギター弾き語りで熱唱。その姿、そして力強くも優しい歌声は、ありし日の尾崎さんを彷彿(ほうふつ)とさせた。

生前の父を知る関係者が多数集った会場で、裕哉が歌った。一昨年クレジットカード会社のCMソングに「I LOVE YOU」のカバーが起用された際「お父さんにそっくり」と話題になったが、報道陣の前で歌声を披露したのは今回が初めて。「すごく不思議な気分。緊張しますね」と照れながらも、一瞬で会場を虜に。尾崎ファン代表としてゲストで登場した、脳科学者・茂木健一郎は「本人なんじゃないの? 奇跡が起こったかと思った」と唸った。

裕哉は現在23歳。慶応大学4年生。InterFM「CONCERNED GENERATION」でDJを務めている。将来の夢は「Social Entrepreneur」。来春には大学院に進学し、人種、貧困、環境などの社会問題を「音楽」で解決する方法などを研究していくという。

尾崎豊特別展 OZAKI20」では、今年没後20年の尾崎さんが遺した衣装、ギター、ノート、写真など貴重な資料約400点が展示されている。この規模で尾崎さんを回顧する展覧会は、最初で最後となるという。東京開催後、大阪、名古屋、福岡などを巡回予定。(映画.com×文化通信.com)

OZAKI・19[DVD] OZAKI・19[DVD] 最安価格: ¥4,328 尾崎豊が1985年1月12日に日本青年館にて行なった初めてのホールコンサート映像のDVD化作品。
“LIVE CORE” IN TOKYO DOME[DVD] “LIVE CORE” IN TOKYO DOME[DVD] 最安価格: ¥2,780 1988年9月12日に東京ドームで行なわれた尾崎豊のライブを収録。曲は「核(CORE)」「街路樹」「太陽の破片」ほか。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi