アヌシー映画祭の長編コンペ部門に日本から2作品が出品 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年4月29日 > アヌシー映画祭の長編コンペ部門に日本から2作品が出品
メニュー

アヌシー映画祭の長編コンペ部門に日本から2作品が出品

2012年4月29日 15:00

日本でも話題の作品が続々ラインナップ「アシュラ」

日本でも話題の作品が続々ラインナップ
「星を追う子ども」(C)Makoto Shinkai/CMMMY
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 6月4日から9日まで仏アヌシーで開催される、第34回アヌシー国際アニメーション映画祭の長編コンペティション部門のラインナップが4月25日(現地時間)に発表され、日本から「アシュラ」と「星を追う子ども」が入った。

今年の同映画祭に出品される長編アニメーションは計82本。その中から最高賞(グランプリ)のクリスタル賞を競うコンペティション部門に10本が選出され、うち2本が日本作品となった。「アシュラ」はジョージ秋山が1970年に発表した同名漫画の映画化で、室町時代の京都を舞台に、高僧アシュラの壮絶な少年期を描く作品。昨年、TVシリーズ「TIGER & BUNNY」が大ヒットしたさとうけいいち監督が手がけており、今秋全国公開予定。「星を追う子ども」は、「ほしのこえ」など個人制作のデジタルアニメーションで注目された新海誠監督のSFジュブナイルで、昨年5月に公開された。

また、アウトオブコンペティション部門には8本がラインナップ。すでに発表されていた「ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵」(窪岡俊之監督)に加え、現在公開中の「ももへの手紙」(沖浦啓之監督)も同部門での公式上映が決まった。

アヌシー国際アニメーション映画祭は、1960年にカンヌ国際映画祭からアニメーション部門が独立するかたちで設立され、毎年6月に開催。現在では世界最大のアニメーション映画祭として国際的に知られている。過去の日本作品では、長編部門で宮崎駿監督の「紅の豚」と高畑勲監督の「平成狸合戦ぽんぽこ」がグランプリを受賞。細田守監督の「時をかける少女」が特別賞、原恵一監督の「カラフル」が特別賞と観客賞を受賞している。同映画祭は短編部門も有名で、米アカデミー賞でも評価された山村浩二監督の「頭山」と加藤久仁生監督の「つみきのいえ」がグランプリに輝いている。

紅の豚[DVD] 紅の豚[DVD] 最安価格: - 1920年代のアドリア海を舞台に、大空をこよなく愛する豚の姿をした一人の賞金稼ぎの活躍を描いた宮崎駿原作、脚本、監督で贈る一大航空活劇。
カラフル[DVD] カラフル[DVD] 最安価格: ¥3,175 直木賞作家・森絵都のベストセラー小説を、『河童のクゥ』の原恵一監督がアニメーション化!実力派俳優陣が“カラフル”なキャラクターを熱演!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi