ウェントワース・ミラー、ベストセラー小説「エドガー・ソーテル物語」脚色へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年8月17日 > ウェントワース・ミラー、ベストセラー小説「エドガー・ソーテル物語」脚色へ
メニュー

ウェントワース・ミラー、ベストセラー小説「エドガー・ソーテル物語」脚色へ

2012年8月17日 17:45

脚本家としても活躍するウェントワース・ミラー「ハムレット」

脚本家としても活躍するウェントワース・ミラー
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 脚本家としてのキャリアを着実に築き上げている米俳優ウェントワース・ミラー(「プリズン・ブレイク」)が、新たにベストセラー小説の脚色を手がける方向で交渉に入っていると米ハリウッド・レポーターが報じた。

米作家デビッド・ロブレスキーが2008年に発表した長編小説「エドガー・ソーテル物語(The Story of Edgar Sawtelle)」の映画化で、米ユニバーサル・ピクチャーズのもと、トム・ハンクスオプラ・ウィンフリーがプロデュースに名を連ねている企画だ。

原作は、米ウィスコンシン州北部の森林地帯を舞台に、犬のブリーダー一家の口のきけない少年エドガー・ソーテルの物語がつづられる。父親の急死と叔父の存在がひとつのテーマとなっているため、「ハムレット」と比較される壮大な長編として、また動物文学の傑作としても高い評価を獲得している。

ミラーは、母娘と謎めいた叔父の関係を描いた脚本第1作のスリラー「Stoker(原題)」が、ハリウッド業界人が選ぶ製作前の優秀脚本「ザ・ブラックリスト」2010年版の第5位に選ばれ話題を呼んだ。同作は韓国の鬼才パク・チャヌク監督(「オールド・ボーイ」)が初めて英語作品でメガホンをとり、ニコール・キッドマンミア・ワシコウスカマシュー・グード主演ですでに撮影が終了している。

また脚本第2作「The Dissapointments Room」も、「ハート・ロッカー」の製作会社ボルテージ・ピクチャーズと、トッド・ヘインズ監督やトム・ケイリン監督作で知られるキラー・フィルムズが映画化権を獲得。さらに、フランス映画「ハリー、見知らぬ友人」の英語版リメイクの脚本もミラーが手がけることになっている。

プリズン・ブレイク シーズンI ブルーレイBOX[Blu-ray/ブルーレイ] プリズン・ブレイク シーズンI ブルーレイBOX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥20,788 タイムリミットは30日。大統領の家族殺しの罪で逮捕され死刑判決を受けた兄を救うために、すべてを捨てて脱出計画を実行する男の姿を描いたTVドラマ。シーズン1・全22話を収録。出演:ウェントワース・ミラー
ハート・ロッカー 【Blu-ray】[Blu-ray/ブルーレイ] ハート・ロッカー 【Blu-ray】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,076 若き米兵士3人を主人公に、2004年の夏、バグダッド郊外での彼らの38日間の任務を追う戦争アクション映画。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi