阪本順治・豊田利晃両監督&原田麻由、故原田芳雄さんに思い馳せる : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年8月8日 > 阪本順治・豊田利晃両監督&原田麻由、故原田芳雄さんに思い馳せる
メニュー

阪本順治・豊田利晃両監督&原田麻由、故原田芳雄さんに思い馳せる

2012年8月8日 21:36

原田芳雄さんの思い出を語った阪本順治監督、 原田麻由、豊田利晃監督(左から)「ナイン・ソウルズ」

原田芳雄さんの思い出を語った阪本順治監督、
原田麻由、豊田利晃監督(左から)
[拡大画像]

[映画.com ニュース] [映画.com ニュース] 昨年、肺炎のため死去した俳優の故原田芳雄さんの人生を凝縮した書籍「原田芳雄 風来去」が、命日にあたる7月19日に出版された。同書籍の刊行を記念し8月8日、原田さんと親交の深かった阪本順治監督、豊田利晃監督、原田さんの長女で女優の原田麻由が、東京・八重洲ブックセンターでトークショーを行い、原田さんとの思い出を語り合った。

阪本監督は、「どついたるねん」をはじめ遺作となった「大鹿村騒動記」まで、いくつもの作品で原田さんを起用し続けた。一方の豊田監督は、「ナイン・ソウルズ」で原田さんとタッグを組んでおり、同作は原田さんの一周忌にあたる今年、約9年ぶりにスクリーンに復活。麻由は、阪本監督の最新作「北のカナリアたち」、豊田監督の最新作「I'M FLASH!」に出演している。

原田さんの私服を着用して登場した阪本監督は、「こうして芳雄さんの服を着てみると、本当に胸が厚く大きな方。『ナイン・ソウルズ』を見ていると、本当にこちらに向かってくるような感じ」と改めて存在の大きさを痛感。豊田監督は、「プライベートな部分は僕たちしか知らないことだけれど、そういうことは芳雄さんが出ている作品に表れている。作品のなかで何度でも再会できる。そうやって映画俳優は生き続けている」と原田さんに思いを馳せた。

豊田監督は、「ナイン・ソウルズ」撮影時を振り返り「芳雄さんと言えばアウトロー。アウトローの芳雄さんを見たいと思った。芳雄さんの懐の深さが余計だと思ったので、現場ではいらだたせるように追い込んでやろうと思っていた」。阪本監督は、豊田監督の話に耳を傾けながら「豊田がイライラさせていたのかもしれないけど、芳雄さんも愚直に応えようとしていた気がする。芳雄さんなんだけれど、芳雄さんらしさが消えていた」と称賛した。

麻由は、父の「俳優としての記憶」を問われると「俳優ということも、お父さんということも浸透していなかったので、境目がよくわからない。“芳雄”と呼んでいたので、“芳雄”というカテゴリーができていた」と独特の親子関係を明かした。「芳雄は子どもに対して、頭ごなしということがなかった。子どもの意見を面白がるというか、聞いてみてその要素を面白がってみる」と父としての顔と、「食事中に夫婦ゲンカになったことがあって、怒って麦茶の入れ物を飛ばしたことがあった。感情の盛り上がりと行動のタイミングがピッタリで、これが役者の衝動なんだと感じた」と語った。

また阪本監督と豊田監督は、原田さんの自宅で行った映画の打ち上げや、朝まで書道大会に明け暮れた思い出を語り合った。「出会ってから20何年経ち、最後の作品をやらせてもらったけれど、どこまで原田さんを理解していたのか。もっともっと会話をしていたかった。ひとり遊びよりもみんなで遊ぶのが好きで、喧噪(けんそう)のなかにいる原田さんが印象に残っている」(阪本監督)と早すぎる死を改めてしのんだ。

大鹿村騒動記[DVD] 大鹿村騒動記[DVD] 最安価格: ¥3,756 長野県下伊那郡大鹿村─300年以上に渡って伝統の村歌舞伎を守ってきた人たちの、悲喜こもごもを描いた群像劇。日本映画界を牽引してきた俳優・原田芳雄の最後の作品。監督:阪本順治
豊田利晃 Early Years BOX<ポルノスター/アンチェイン/ナイン・ソウルズ>[DVD] 豊田利晃 Early Years BOX<ポルノスター/アンチェイン/ナイン・ソウルズ>[DVD] 最安価格: ¥9,874 “映画界の異端児”豊田利晃監督の「ポルノスター(R-15指定)」「アンチェイン」「ナイン・ソウルズ(PG-12指定)」の初期3作品を収録。出演:原田芳雄

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi