向井理、舞台「悼む人」に主演 天童荒太の人気小説を堤幸彦が演出 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年7月13日 > 向井理、舞台「悼む人」に主演 天童荒太の人気小説を堤幸彦が演出
メニュー

向井理、舞台「悼む人」に主演 天童荒太の人気小説を堤幸彦が演出

2012年7月13日 12:00

天童荒太氏の人気小説「悼む人」が待望の初舞台化!「悼む人」

天童荒太氏の人気小説「悼む人」が待望の初舞台化!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の向井理が、天童荒太氏の第140回直木賞受賞作を初めて舞台化する「悼む人」に主演することがわかった。演出を手がけるのは、天童氏の著書「包帯クラブ」映画化の際も監督を務めた堤幸彦。向井のほか、本格的な舞台出演は約8年ぶりとなる小西真奈美手塚とおる真野恵里菜伊藤蘭が出演する。

天童氏が7年の歳月をかけて書き上げた同名原作は、全国を放浪し死者を“悼む”旅を続ける坂築静人が主人公。その悼む旅に随伴する、夫を殺した罪で刑期を終えた女、人間不信の雑誌記者、末期がんの母、恋人の子を身ごもる妹らの思いが絡み合うことで、人間の死生観を浮き彫りにしていく。

今回の舞台化では登場人物を5人に絞り、各自のモノローグを生かした芝居と印象的なイメージ写真と映像を交えて物語を構成し、原作の世界観を再構築する。脚本は映画、ドラマでの経験も豊富な大森寿美男が手がける。

向井が演じる坂築静人は、新聞などの報道を手がかりに、事故や事件に巻き込まれて命を落とした人々を、その現場で悼むため、全国を放浪しているという役どころ。小西扮する奈儀倖世は、出所後に訪れた殺害現場で夫を悼む静人と出会い、行動をともにするようになる。静人の行動に関心をもち、裏を暴こうとする雑誌記者・蒔野抗太郎役を担うのが手塚。そして、真野が静人の妹、伊藤が静人の母を演じる。

悼む人」は、10月19~28日の東京公演(パルコ劇場)を皮切りに、全国11カ所で上演。公演の詳細は、公式サイト(http://www.parco-play.com/web/play/itamuhito/)まで。

包帯クラブ【通常版】[DVD] 包帯クラブ【通常版】[DVD] 最安価格: ¥3,201 誰もが抱く心の傷に包帯を巻いて、人の痛みや苦しみを理解していく活動を始めた高校生たちの姿を描く。関東近県の中都市で生活する少年・少女ディノ、ワラ、タンシオ、ギモ、リスキたちは、傷ついた人の傷ついた場所に包帯を巻きに行くという“包帯クラブ”を結成するが…。監督:堤幸彦
ホタルノヒカリ2 DVD-BOX[DVD] ホタルノヒカリ2 DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥15,332 ひうらさとる作の人気コミック『ホタルノヒカリ』ドラマ化第2弾。今作では蛍がついに「結婚」することに?「結婚とは?」というテーマに干物なりに体当たりする「ホタルノヒカリ2」DVD-BOX。出演:向井理

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi