実写ドラマ版「スター・ウォーズ」は大人向け? プロデューサーが明かす : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年6月7日 > 実写ドラマ版「スター・ウォーズ」は大人向け? プロデューサーが明かす
メニュー

実写ドラマ版「スター・ウォーズ」は大人向け? プロデューサーが明かす

2012年6月7日 13:30

ドラマは大人の視聴者層がターゲット「スター・ウォーズ」

ドラマは大人の視聴者層がターゲット
写真:三井公一/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「スター・ウォーズ」シリーズのプロデューサーとして知られるリック・マッカラム氏が、「スター・ウォーズ」の実写ドラマ化の進行状況について、Den Of Geek!に語った。

同企画は、「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」と「スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望」の間の時代を舞台にした実写ドラマで、2005年に「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」が公開されたときに製作発表が行われている。マッカラム氏によれば、準備に3年半を費やし、すでに50時間分の草稿が仕上がっているというが、そのコストの高さから製作に乗り出すことができずにいるという。

最大の問題は、実写ドラマが大人の視聴者層をターゲットにしているためで、エミー賞受賞の西部劇「デッドウッド ~銃とSEXとワイルドタウン」の宇宙版というべき内容になっていることから、視聴者が限られてしまうことだ。ABCやNBC、CBS、FOXといった米4大ネットワークで放送することになれば、多額の製作費と引き替えに、内容に制約がかかる。一方、ケーブル局ならば、野心的な作品を作ることができるが、予算が少ないというジレンマに陥っているという。「『アバター』並のスケールなのに、各エピソードにかけられるお金は500万ドルから600万ドルしかない」と、テレビドラマとしては規格外のスケールであることが実現を遠ざけている主な理由のようだ。

同ドラマが実現する場合は、引退宣言をしているジョージ・ルーカスも製作総指揮として参加する模様だ。

スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX〔初回生...[Blu-ray/ブルーレイ] スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX〔初回生...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - ジョージ・ルーカスが贈る、SF映画「スター・ウォーズ」シリーズ全作を収録したブルーレイBOX。プロデューサー:リック・マッカラム
スター・ウォーズ オリジナル・トリロジー ブルーレイBOX〔初回...[Blu-ray/ブルーレイ] スター・ウォーズ オリジナル・トリロジー ブルーレイBOX〔初回...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - ジョージ・ルーカスが贈る、SF映画「スター・ウォーズ」シリーズのエピソードIVからVIまでを収録したブルーレイBOX。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi