加藤ミリヤ、理想の男性像は「優先順位をわかってくれる人」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年5月28日 > 加藤ミリヤ、理想の男性像は「優先順位をわかってくれる人」
メニュー

加藤ミリヤ、理想の男性像は「優先順位をわかってくれる人」

2012年5月28日 13:36

理想の男性像を明かした加藤ミリヤ「ザ・ファーム 法律事務所」

理想の男性像を明かした加藤ミリヤ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] シンガーソングライターの加藤ミリヤが5月28日、東京・LEC東京リーガルマインド渋谷校で行われた海外ドラマ「ザ・ファーム 法律事務所」放送記念トークイベントに出席。弁護士の大渕愛子氏、MCを務めた映画コメンテーターのLiLiCo とともに女子トークに花を咲かせた。

加藤は、「仕事と恋愛」観について問われると「この年になってガチで強くなってきました。10代のころは周りに守られていて多少の甘えがあったけど、ハタチになって自分で責任を持ってやるようになってから、仕事と恋愛のバランス感がどんどん変わった。今は自分のことをすごく大切にしているかな」。キャリアをスタートした10代を振り返り、理想の男性像は「歌や自分を表現することで生きていくことが1番大切。恋愛も自分の人生に大切なことだけど、自分のなかでの優先順位が明確だから、それをわかってくれる男性がパートナーになると思う」と持論を展開した。

さらに加藤は今作に新曲「AIAIAI」を提供し、海外ドラマのエンディングに初挑戦した。同楽曲は「“恋愛の十戒”をテーマに歌詞を書いた、『彼にこうあってほしい』っていうのを10個並べたぜいたくな歌詞なんです」と明かし、「周りのスタッフにアンケートをとったり、インターネットのランキングを参考にしながら歌詞を書きました」と女性の支持を集める歌詞が誕生するまでのエピソードを語った。

大渕氏は、実際の事例として「恋愛トラブル」を扱うこともあるそうで「巷では二股がはやっている。ただ二股しているだけでは法律問題にならないけど、婚約をしていたら婚約破棄で慰謝料請求の対象になる。交際期間や婚約がどこまで進んでいるかにもよるけれど、慰謝料は50~100万位が多い」と解説。そして、多忙な私生活のなかで「仕事をはじめてなかなか会えなくなることがある。心配させないようにお互いを思いやることが大事だから、会えない期間も愛を育めるように愛情表現をこまめにする」と独自の恋愛ルールを語った。

今作は、トム・クルーズが主演した映画「ザ・ファーム/法律事務所」(シドニー・ポラック監督)の10年後を描く。弁護士のミッチと妻アビーは、弁護士事務所を隠れ蓑にしていたマフィアの悪事を暴き、政府の保護のもと別人として生活を送っていた。事件から10年後、保護から解放されたミッチ家族は、報復に燃えるマフィアに狙われてしまう。

加藤と大渕氏はこの日、法律家を目指す学生とのトークセッションに参加。加藤は、学生に「目標や心にとどめている言葉」を問われると「周りに自分の道が見えている女性が多いからその影響が大きい。人生一度きりだからやっちゃえって思う」。そして、「(嫌なことは)寝て起きて忘れちゃう。そんなことに自分の日々を揺さぶられたらもったいない。自分のことを自分が1番愛する、大切にすることが大事」とアドバイスした。

海外ドラマ「ザ・ファーム 法律事務所」は、吹き替え版が6月5日から毎週火曜日の午後10時、字幕版が6月10日から毎週日曜日の午後8時にAXNで放送。

ザ・ファーム 法律事務所[DVD] ザ・ファーム 法律事務所[DVD] 最安価格: ¥927 アメリカでトップクラスの法律学校を優秀な成績で卒業した男が、破格の好条件で法律事務所から内定を受けるという物語を描いた、ジョン・グリシャム原作の小説を映画化したサスペンス作品。出演:トム・クルーズ、監督:シドニー・ポラック
MILIYAH THE CLIPS 2004-2010[DVD] MILIYAH THE CLIPS 2004-2010[DVD] 最安価格: ¥3,201 加藤ミリヤ初のクリップ集が登場!!2004年のデビューからオリジナルアルバム「HEAVEN」までの歴史を余すことなく収録!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi