加藤ミリヤ新曲、綾辻行人原作の実写版「Another」主題歌に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年5月8日 > 加藤ミリヤ新曲、綾辻行人原作の実写版「Another」主題歌に
メニュー

加藤ミリヤ新曲、綾辻行人原作の実写版「Another」主題歌に

2012年5月8日 16:30

主題歌を担当する加藤ミリヤ「Another アナザー」

主題歌を担当する加藤ミリヤ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] シンガーソングライターの加藤ミリヤが、若手俳優の山崎賢人橋本愛がダブル主演する学園ホラー映画「Another アナザー」の主題歌に、新曲「楽園」を書き下ろしたことがわかった。

今作は、ベストセラー作家・綾辻行人の人気ホラー小説を、「ドッペルゲンガー」の脚本を手がけた古澤健監督のメガホンで映画化。地方都市の学校へ転校した少年・榊原恒一(山崎)が、眼帯をした謎の美少女・見崎鳴(橋本)と出会ったことをきっかけに、不可解な事件に巻き込まれる。

加藤は、映画主題歌を担当するのは今回で3度目。古澤監督のサスペンスホラー「オトシモノ」(沢尻エリカ主演)に、主題歌「I WILL」を提供した経験を持つ。今作の主題歌は、劇中のセリフである「もう始まってるかも知れない」を歌詞に反映させるなど、「結末に向かっていくときの興奮を、『楽園』でさらに盛り上げられるように書きました」と作品の世界観に沿った楽曲づくりを行った。そして、「私自身も映画を見たあとの興奮状態のまま、自由に楽曲をつくらせていただけたことに感謝しています」と喜びのコメントを寄せている。

一方の古澤監督は、「霧の中をさまよう主人公たちの気持ちに寄り添いながら、どこかへ導いてくれる声が欲しいと思ったとき、自然と加藤ミリヤさんの歌が思い浮かびました」と起用理由を明かした。「恐ろしい秘密を共有してしまった主人公ふたりは、だからこそ世界で“たったふたり”の親密さを見つける」と説明。2度目のタッグとなった加藤の主題歌は「映画で描ききれなかったそのエピローグを、加藤さんの歌が補ってくれました」と信頼を寄せた。

物語のカギとなる少女を演じた橋本も、「ミステリアスな感じとか何か起こりそうな危険な感じとか、『Another アナザー』のストーリー性にぴったりだなと思いました。見終わってもこの曲が流れることでどこか胸騒ぎを残してくれる」と絶賛。さらに、「聞いていてなんだか気が狂いそうになる感じが心地よかったり。ミリヤさんの声も格好よくて、赤い口紅塗って外に出たくなるような……そんな感じです。焦燥感がかりたてられる。胸がざわつく。叫びたくなる。テンションが上がる曲」と楽曲の魅力を語った。

Another アナザー」は、8月4日から全国で公開。

ドッペルゲンガー[DVD] ドッペルゲンガー[DVD] 最安価格: ¥2,592 もうひとりの自分“ドッペルゲンガー”をテーマにしたサスペンス・ホラー。脚本:古澤健
Diamond Princess Tour 2007[DVD] Diamond Princess Tour 2007[DVD] 最安価格: ¥3,140 2007年におこなわれた、加藤ミリヤの初の全国ツアー「Diamond Princess Tour 2007」から、ファイナルとなるSHIBUYA-AXでの模様を収録。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi