高橋伴明監督、学生時代述懐し「除籍になったからこそ監督になった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年5月25日 > 高橋伴明監督、学生時代述懐し「除籍になったからこそ監督になった」
メニュー

高橋伴明監督、学生時代述懐し「除籍になったからこそ監督になった」

2012年5月25日 19:30

主演の吉沢悠と高橋伴明監督「道 白磁の人」

主演の吉沢悠と高橋伴明監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 高橋伴明監督が5月25日、東京・早稲田大学大隈講堂で行われた最新作「道 白磁の人」の特別試写会に、主演の吉沢悠とともに出席。早稲田大学を中退した高橋監督は、学生から除籍となった理由を問われると「学生運動に参加して逮捕されたこともあった。授業料も払わない学生だったし、学校の判断は正しかったと思う。身から出たさびですが後悔はしていません」。しかし、かつての母校を訪れ「なにかを学ぶというときに、大学ほど素晴らしい環境はない。しっかりと勉強しておけばよかったかな。でも除籍になったからこそ映画監督になったかな、とも思うので複雑な心境」と吐露した。

今作は。実在の日本人青年・浅川巧が、日本統治時代の朝鮮半島に渡り、民族間の争いが続くなか懸命に荒廃した土地の植林事業に取り組んだ姿を描く。韓国人俳優のペ・スビンが吉沢演じる浅川と親交を深めた李青林に扮した。

撮影を通して映画さながらにペ・スビンと友情を育んだ吉沢は、「本当に馬の合う俳優。親友は国を越えて、言葉は関係なくできるものだと感じた。(ふたりの友情が)真実としてこの映画に入っていると思う」と自信をのぞかせた。そして、「ある作品で出会ってまた一緒にやれるっていうのは、本当に幸せなこと。ふたりとも活躍して、どこかの映画祭のレッドカーペットを歩きたいと話していました」と夢をふくらませた

この日、韓国の留学生による日韓交流について考えるプレゼンテーションが行われた。高橋監督と吉沢は、スピーチを受け「若い世代が行動していることに意義がある」(高橋監督)、「日本人と韓国人が同じことをやっているということは、浅川さんが望んでいたことなんじゃないかな。それって幸せなこと」(吉沢)と真しに語った。

道 白磁の人」は、6月9日から全国で公開。

ネオチンピラ 鉄砲玉ぴゅ~ ボーナスセット[DVD] ネオチンピラ 鉄砲玉ぴゅ~ ボーナスセット[DVD] 最安価格: ¥3,036 哀川翔が駆け出しのチンピラを演じる人気Vシネマ・シリーズ「ネオチンピラ 鉄砲玉ぴゅ~」「ネオチンピラ 続・鉄砲玉ぴゅ~」の2作品を収録したボーナス・セット。監督:高橋伴明
動物のお医者さん DVD-BOX[DVD] 動物のお医者さん DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥17,458 シベリアンハスキー犬を飼う獣医学部の学生を中心に、個性豊かな仲間と動物たちが繰り広げる騒動を描く。出演は吉沢悠ほか。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi