道 白磁の人
ホーム > 作品情報 > 映画「道 白磁の人」
メニュー

道 白磁の人

劇場公開日

解説

日本統治時代の朝鮮半島で植林事業に勤しみ、民族間で争いあう中でも信念を貫いて生きた実在の青年・浅川巧の半生を描いたドラマ。監督は「光の道」「火火」の高橋伴明。浅川役に吉沢悠、浅川と親交を深めた韓国人青年チョンリムにペ・スビン。1914年、朝鮮総督府の林業試験場で働くことになった23歳の浅川は、京城(現ソウル)に渡り、そこで出合った朝鮮の工芸品・白磁の美しさに強くひかれる。職場では同僚のチョンリムから朝鮮語を習い始め、研究に没頭。チョンリムとも友情を育んでいくが、その一方で、朝鮮の地で横暴に振る舞う日本人の現実を知る。

スタッフ

監督
製作総指揮
長坂紘司
エグゼクティブプロデューサー
與田尚志
倉内均
プロデューサー
紀伊宗之
小川勝広
原作
江宮隆之
脚本
林民夫
撮影
ナ・ヒソク
照明
チャ・サンギュン
美術
パク・ジュヨン
録音
チョン・イノ
編集
キム・ヒョンジョ
衣装
クォン・ユジン
大塚満
ヘアメイク
杉村千春
チョ・テヒ

作品データ

製作年 2012年
製作国 日本
配給 ティ・ジョイ
上映時間 118分
映倫区分 G
 

インタビュー:道 白磁の人

吉沢悠&ペ・スビン、再会を熱望する無二の親友(1/2)
道 白磁の人のインタビュー

俳優同士が共演を機に親交を深めることはよくあるが、国籍や言語が違えば意外とハードルが高そう。だが、「道 白磁の人」に主演した吉沢悠と韓国のペ・スビンは、その壁をいとも簡単に乗り越えたようだ。日本統治下にあった韓国で植林活動に尽力し、朝...道 白磁の人のインタビュー

関連ニュース:道 白磁の人

道 白磁の人の関連ニュース

映画レビュー:道 白磁の人

平均評価
4.5 4.5 50 (全2件)
  • 白磁の個性。 ネタバレ! 失礼ながら、まったく存じ上げなかった人であった…(恥) 韓国では日韓の架け橋として活躍したことで有名らしい。 それが今回、浅川巧の生誕120年を記念し、 日本と韓国が協力して撮り上げたということ... ...続きを読む

    sean seanさん  2012年7月1日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 深い友情に感動です 日本人と朝鮮人 民族と民族の憎しみあう時代に生まれた友情の物語 悲しい歴史の中であっても 人間同士 分かり合え、気持ちが通じあえることがあるんだなあと思いました 学校では学べなかった歴史を知った... ...続きを読む

    tenbinza tenbinzaさん  2012年6月11日  評価:5.0
    このレビューに共感した/1
  • 道 白磁の人のすべての映画レビュー
  • 道 白磁の人の映画レビューを書く

他のユーザーは「道 白磁の人」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画