三浦友和&貴大、初日舞台挨拶で“ビックリ”初2ショット披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年12月3日 > 三浦友和&貴大、初日舞台挨拶で“ビックリ”初2ショット披露
メニュー

三浦友和&貴大、初日舞台挨拶で“ビックリ”初2ショット披露

2011年12月3日 13:17

初の2ショットを披露した三浦友和&貴大「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」

初の2ショットを披露した三浦友和&貴大
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の三浦友和が12月3日、主演映画「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」の初日舞台挨拶に出席した。この日はサプライズで、前作「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」に出演した、次男の三浦貴大が登壇。何も聞かされていなかった父・友和は、ビックリした表情で「違った形で初共演したかったなあ。いやあ、でもありがとう。驚きました」と照れ笑いを浮かべた。

全国214スクリーンで封切られたこの日、三浦をはじめ共演の余貴美子中尾明慶小池栄子吉行和子蔵方政俊監督、製作総指揮の阿部秀司氏は、東京・有楽町の丸の内ピカデリー2で舞台挨拶。貴大は、同作を象徴するブレーキハンドルを父に手渡し「ここに凝られてすごくうれしいです。今日は初日ということで、おめでとうございます」。そして、デビュー作となった前作について「思い出深い作品。ブレーキハンドルを握って、涙が出そうになった」と緊張気味に語った。

今作は、鉄道を軸にさまざまな人生模様を描いたヒット作「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」のシリーズ第2弾。富山県を舞台に、三浦演じる鉄道運転士が定年を機に、突然、長年連れ添った妻に離婚届を突きつけられ、夫婦のあり方や生き方を見つめ直す。

友和は、東日本大震災発生の翌日となった3月12日のクランクインを述懐。「思い気持ちを引きずりながら撮影に入った。これから人間にとって何が大切なのか、価値観が変わっていくなかでの撮影。皆さんの心に届いたと信じています」。初メガホンとなった蔵方監督は、「今から20年以上前、映画監督になりたいと思って、この世界に入った。今回撮らせていただくチャンスをもらって、感激に打ち震えています」と声を詰まらせていた。

RAILWAYS【レイルウェイズ】[DVD] RAILWAYS【レイルウェイズ】[DVD] 最安価格: ¥3,036 49歳で電車の運転士になった男の物語─。家族を気遣う余裕もなくただ仕事に追われていた50歳目前の男が、幼い頃の夢を追い求める姿を描く。出演、三浦貴大
ALWAYS 三丁目の夕日/ALWAYS 続・三丁目の夕日 二作品収納版[DVD] ALWAYS 三丁目の夕日/ALWAYS 続・三丁目の夕日 二作品収納版[DVD] 最安価格: ¥5,054 全ての日本人に贈る、西岸良平原作の心温まるヒューマンドラマ。出演、三浦友和

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi