三浦友和&余貴美子「RAILWAYS」ロケ地・富山でぴったり寄り添う : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月4日 > 三浦友和&余貴美子「RAILWAYS」ロケ地・富山でぴったり寄り添う
メニュー

三浦友和&余貴美子「RAILWAYS」ロケ地・富山でぴったり寄り添う

2011年7月4日 08:01

映画では13年ぶりの共演となる三浦友和と余貴美子「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」

映画では13年ぶりの共演となる三浦友和と余貴美子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 地方鉄道の運転士と家族に焦点を当てた映画の第2弾「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」のメインビジュアルを、映画.comが独占入手した。主演の三浦友和と妻を演じる余貴美子が、舞台となる富山の駅でぴったりと寄り添う姿がとらえられている。

近作は、島根を舞台に中井貴一が主演した「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」に続く第2弾。今回は、日本海を臨む富山地方鉄道に勤務し定年を間近に控える滝島徹(三浦)と、良性だったがガン検診で再検査になったことがきっかけで、自らの人生を見つめ直す妻・佐和子(余)の姿を軸に描く。

初公開となったメインビジュアルは、映画本編に出てくるシーンではなく特別に撮影されたもの。富山地方鉄道の月岡駅と、停車中の「モハ14760形(通称・だいこん電車)」が背景に写り込んでいる。ふたりは「あ、春」(1998)で夫婦を演じているだけに、映画での共演が実に約13年ぶりとはいえ、見事に同じ空気感を共有している。

ふたりのほか、小池栄子中尾明慶吉行和子塚本高史岩松了らが出演。全作に続き阿部秀司氏が製作総指揮を務め、蔵方政俊監督がメガホンをとる。

RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」は、11月19日から富山で先行公開され、12月3日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi