「マイウェイ」オダギリジョーもボヤいた過酷な現場映像が公開! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年11月24日 > 「マイウェイ」オダギリジョーもボヤいた過酷な現場映像が公開!
メニュー

「マイウェイ」オダギリジョーもボヤいた過酷な現場映像が公開!

2011年11月24日 18:30

2人の男の過酷な運命を感じさせるポスタービジュアル「マイウェイ 12,000キロの真実」

2人の男の過酷な運命を感じさせるポスタービジュアル
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第二次世界大戦中に日本、ソ連、ドイツの3つの軍服を着て戦った2人の男の運命を描く、オダギリジョー主演作「マイウェイ 12,000キロの真実」のメイキング映像が公開され、壮絶な舞台裏が話題を集めている。

シュリ」「ブラザーフッド」のカン・ジェギュ監督が7年ぶりに手掛けた同作は、ノルマンディー上陸作戦時に撮影されたドイツ軍の制服を着た東洋人の写真をモチーフに、オダギリ演じる日本人・辰雄と、チャン・ドンゴンが扮する朝鮮人・ジュンシクとの命がけの友情と絆を描く作品。ドラマ性もさることながら、先の会見でオダギリが「撮影に行くのが本当に嫌だった」と明かしたほどの壮絶な戦闘シーンが話題で、その過酷さはメイキング映像でも見てとれる。

アジアのノモンハン事件、東ヨーロッパでの独ソ戦、そしてノルマンディーと、戦闘シーンの規模は、東西1万2000キロという壮大なもの。ロケ撮影期間は8カ月にもおよび、クライマックス・シーンでは、3カ月をかけて準備された塹壕(ざんごう)と要塞、2300人以上のエキストラが投入されている。

ドンゴンは、こうした戦闘シーンを「主人公たちの心情と関連付けられたもの」と明かし、「アジアが世界に誇れる作品」と断言。ジェギュ監督は、「心の中に敵や憎しみを持つ人も、この映画を観て人間を理解して愛することができる」と作品に込めた思いを吐露。オダギリは、「微妙な関係にある(日本、韓国、中国という)3つの国が協力して製作する点に興味を持った」と、出演の動機を語っている。

マイウェイ 12,000キロの真実」は、2012年1月14日より全国公開。

時効警察 DVD-BOX[DVD] 時効警察 DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥18,468 時効が成立した事件を趣味で捜査する総武署時効管理課の霧山と、交通課の三日月の活躍を描いた新感覚コメディ・ミステリー。オダギリジョー出演。
ブラザーフッド プレミアム・エディション[DVD] ブラザーフッド プレミアム・エディション[DVD] 最安価格: - 実在したテロリスト集団の元メンバーが執筆した告発本が原作の社会派アクション。カン・ジェギュ監督作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi