“恋愛難民”仁科仁美、クリスマスは「女子会を計画中」と白旗宣言 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年11月11日 > “恋愛難民”仁科仁美、クリスマスは「女子会を計画中」と白旗宣言
メニュー

“恋愛難民”仁科仁美、クリスマスは「女子会を計画中」と白旗宣言

2011年11月11日 22:50

今年は“女子会”クリスマス「50/50 フィフティ・フィフティ」

今年は“女子会”クリスマス
[拡大画像]

[映画.com ニュース] タレントの仁科仁美が11月11日、都内で行われた映画「50/50 フィフティ・フィフティ」の女子会トークショーに登場。がんに侵された主人公の奮闘を描いた本作にちなみ、子宮頸がんを克服した母で女優の仁科亜季子の闘病生活のエピソードや自らの恋愛観まで赤裸々に語った。

インセプション」のジョセフ・ゴードン=レビットを主演に迎えた本作。27歳でがんを患い、生存率50%と宣告された主人公がユーモアたっぷりにがんに立ち向かう姿を、実話に基づいて描き出す。

映画鑑賞後の“女子会”ということで、出席者にはアルコールが配られたが、仁科は「酒飲みキャラがすっかり定着してきましたね(苦笑)」とぼやきながら、ワインをゴクリ。映画について、「命の大切さや友人、家族の大切さを教えられた」と語り、自らの経験を重ね合わせて「母が入院したとき、私は小学校一年生でまだがんという病名は理解できなかったんですが、母が家にいない寂しさは感じていました」と述懐した。

主人公のアダムと同じ27歳になったばかりの仁科だが、いま余命宣告されたら「毎日、反省はしても後悔はしたくなくないと思っているので、特に何がやりたいというのはないですね」とさばさばと語った。

また、報道陣から恋人の存在について突っ込まれると、自らを“恋愛難民”と称し「(恋人が)いたらもっと幸せですよ」と逆ギレ。「あきらめそうになっているけど27歳、あきらめるのはまだ早い! と言い聞かせています」。さらに、「クリスマスはもう女子会の計画を立てています」と自虐気味に笑っていた。

50/50 フィフティ・フィフティ」は12月1日から公開。

(500)日のサマー[DVD] (500)日のサマー[DVD] 最安価格: - 恋愛に不器用な青年が経験するほろ苦い500日を描いたラブコメディ。ジョセフ・ゴードン・レヴィット出演。
インセプション ブルーレイ&DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] インセプション ブルーレイ&DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 人の夢の世界にまで入り込み、他人のアイデアを盗むという高度な技術を持つ企業スパイが、最後の危険なミッションに臨む姿を描く。ジョセフ・ゴードン・レヴィット出演。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi