SOPHIA・都啓一&米脚本家、闘病生活を述懐 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月31日 > SOPHIA・都啓一&米脚本家、闘病生活を述懐
メニュー

SOPHIA・都啓一&米脚本家、闘病生活を述懐

2011年10月31日 16:07

闘病生活を振り返った 「SOPHIA」の都啓一とウィル・レイサー「50/50 フィフティ・フィフティ」

闘病生活を振り返った
「SOPHIA」の都啓一とウィル・レイサー
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ロックバンド「SOPHIA」の都啓一が10月31日、都内の試写室で行われた映画「50/50 フィフティ・フィフティ」のトークショーに、脚本家を手がけたウィル・レイサーとともに出席した。

2010年3月21日に「ろ胞性悪性リンパ腫」に罹患していることを発表した都は、同年11月9日に克服したことをブログで報告。一方のレイサーも05年にがんを患い、闘病生活を送っている。当時を振り返った都は、「誰がなってもおかしくない。検査に行くのが怖いから行かないのではなくて、早く見つけて治すということを知ってほしい」と訴えた。

今作は、レイサーが自らの体験に着想を得て脚本を執筆。「闘病生活中も一番側にいてくれた」というセス・ローゲンは、主人公アダムを励ます悪友カイル役で出演し、製作も兼ねている。「がんを明るく描いた映画が少ないので、コメディタッチで描いたらいいのでは」という発想をきっかけに、友人でプロデューサーのエバン・ゴールドバーグらとともに製作したことを明かした。

父親とともに同作を鑑賞した都は、「本当にリアルだった。周りの人の気持ちの動きを一番感じました」。そして「抗がん治療中は本当にしんどくて、どういう状況かわからないまま半年を過ごしました。寛解(かんかい)したときに初めて家内が泣いている姿をみて、大変な苦労をかけていたんだなと痛感しました」と語った。

今作は、27歳の若さでがんを患い余命宣告を受けた青年が、友人や家族に支えられながら病に立ち向かう姿を描く。「インセプション」「(500)日のサマー」のジョセフ・ゴードン=レビットが主演している。

50/50 フィフティ・フィフティ」は、12月1日から全国で公開。

グリーン・ホーネット[DVD] グリーン・ホーネット[DVD] 最安価格: ¥2,458 セス・ローゲン出演、往年の全米大ヒットTVドラマシリーズを3D映画化。
インセプション ブルーレイ&DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] インセプション ブルーレイ&DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - ジョセフ・ゴードン=レビット出演、豪華俳優陣と壮大なスケールで贈るSFアクション!!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi