A・カッチャー、Twitterで再び失言 つぶやき自粛へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年11月11日 > A・カッチャー、Twitterで再び失言 つぶやき自粛へ
メニュー

A・カッチャー、Twitterで再び失言 つぶやき自粛へ

2011年11月11日 19:32

またやってしまいました……

またやってしまいました……
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米俳優のアシュトン・カッチャーが、自らのTwitterでの発言を当面自粛することを発表した。児童虐待事件に関与した疑いで解雇された、米ペンシルベニア州立大学フットボール部のジョー・パターノ監督を擁護する発言を投稿し、約830万人のフォロワーから抗議が殺到したことが原因だ。

パターノ監督は、アメリカの大学フットボール界の名門大学で、1966年から45年にわたりヘッドコーチを務め、通算409勝の功績を挙げた名監督として知られる。84歳を迎え今季限りでの辞任を発表していたが、男児の性的虐待事件で告発された元アシスタントコーチの責任をとる形で11月9日に解任が決定。シーズン終了後の勇退を認めない厳しい処分を受けていた。

カッチャーはパターノ監督の解雇に対して、「彼をクビにするなんて信じられない。最低で下品な対応だ」と投稿。その後、女優で妻のデミ・ムーアと設立した慈善団体デミ・アンド・アシュトン・ファウンデーションの活動を通して、児童虐待防止を呼び掛けてきたカッチャーに反論が相次いだ。

一連の騒動により、カッチャーは該当の投稿を削除。パターノ監督の解雇理由を知らなかったとして、「児童性的搾取防止を訴える者として、僕は事件にかかわったすべての人に対して怒りを覚えます。僕自身正しく捉えられるようになるまで、Twitterへの投稿をやめます。自分の発言を反省し、2度と起こらないようにします」と謝罪の発言をしている。今後、Twitterのアカウント管理は、カッチャー個人からマネジメントチームへ移管される。

カッチャーは、2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件から10年を迎えた9月11日にもTwitterで騒動を起こしている。テイラー・スウィフトら海外セレブが哀悼の意を表するなか、アメリカンフットボールのシーズン開幕を受け「今日は1年で最高の日だ! これから5カ月楽しませてもらうよ!」と投稿し、物議をかもしていた。

バタフライ・エフェクト プレミアムエディション[DVD] バタフライ・エフェクト プレミアムエディション[DVD] 最安価格: ¥3,180 君を救うため、ぼくは何度でも過去に戻る。最も切ないハッピーエンドの物語。アシュトン・カッチャー出演。
バレンタインデー[DVD] バレンタインデー[DVD] 最安価格: ¥927 ロサンゼルスを舞台に、年齢も職業も愛の形も様々な男女15人のバレンタインデーを描くラブストーリー。アシュトン・カッチャー出演。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi