杉村太蔵、仁科仁美は「男を下げる」とバッサリ! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年6月28日 > 杉村太蔵、仁科仁美は「男を下げる」とバッサリ!
メニュー

杉村太蔵、仁科仁美は「男を下げる」とバッサリ!

2011年6月28日 21:06

「ダメンズ製造機」と告白した仁科仁美をバッサリ

「ダメンズ製造機」と告白した仁科仁美をバッサリ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 海外ドラマ「THE EVENT/イベント」のスペシャルプレビューが6月28日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた。会場には海外ドラマ好きで知られるお笑いコンビ「キャイ~ン」の天野ひろゆきをはじめ、タレントの杉村太蔵、女優の仁科仁美が来場。さらに出演者であるアジア系俳優イアン・アンソニー・デールが駆けつけ、ファンを喜ばせた。

「24」の製作総指揮を務めたエバン・カッツが仕掛ける“クロス・タイムライン・サスペンス”。飛行機内で銃を手に「機長と話がしたい」と要求するショーン。閣僚らの反対を押し切って、ある収監者たちを釈放しようとする米大統領……。時系列を複雑に交錯させながら、登場人物を結びつける“イベント”のナゾがノンストップで描かれる。

CIA係官を演じるデールは、母親が神戸出身の日本人。今回が初来日だが、ロサンゼルスの大阪産業大学で日本語を学んだ。「僕自身、撮影を楽しんだので、皆さんもぜひドラマを楽しんでください」と流ちょうな日本語で挨拶し、客席は拍手喝さい。さらに日本語で「次回来日したときは、すべて日本語でインタビューに答えたい」と抱負を語った。

ドラマの見どころは「ナゾがナゾを呼ぶストーリー展開はもちろん、アクションに冒険。キャラクターや神話性などすべての要素が含まれているところ」。体当たりのアクションは「99%自分でこなしているんだ」と胸を張り、「僕の思いと祈りはここにあります。僕もできる限りのことをしたい」と被災地へのメッセージも忘れなかった。

そんなデールに、仁科はメロメロ。思わず「結婚しているんですか?」と質問するも、デールは「特別な人がいるんだ。(日本語で)暑いですね」とはぐらかした。一方、杉村は「イアンさんとは付き合っちゃダメ。(仁科は)男を下げるよね。僕はいろいろ知っているんだ」とバッサリ。当の仁科も「私、ダメンズ製造機なんですよ。男を甘やかしちゃって」と“サゲマン説”を否定しなかった。天野は「『ヒーローズ』や『LOST』といった過去のドラマのいいとこ取り。毎回、終わりの5分ですべてを覆す展開で、いい加減にしろってツッコミを入れたくなる」とマニアらしいアピールだった。

「THE EVENT/イベント」は7月26日から、スーパー!ドラマTVで独占日本放送スタート。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi