キルギス映画「明りを灯す人」 東京理大で風力発電特別授業 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月6日 > キルギス映画「明りを灯す人」 東京理大で風力発電特別授業
メニュー

キルギス映画「明りを灯す人」 東京理大で風力発電特別授業

2011年10月6日 12:08

「明りを灯す人」公開記念授業の模様「明りを灯す人」

「明りを灯す人」公開記念授業の模様
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 風車で村の電力をまかなうことを夢見る、ひとりの男の姿を描いたキルギス映画「明りを灯す人」の公開を記念し、10月5日、東京理科大学で特別公開授業「今だからこそ学びたい、大人が楽しめるエコ エネルギー授業」が開催された。

東日本大震災復興支援「つながる思いプロジェクト」を立ち上げ、全国で「自転車発電」や「省エネハウス実験」など、子どもにもわかる実験授業を行っている川村康文教授と学生が、現代社会の抱える問題の解決に総合的に取り組む、同校のグリーン&セーフティ研究センターの協力のもと、風力発電の仕組みなど、エコエネルギーについて講義。映画の背景、風力発電、環境問題などに関心を持つ、小学生から60代までの約60人が参加した。

旧ソ連から独立後、いまだ政治的、経済的に不安定なキルギス。本作では、美しく壮大な自然を背景に、電気工の主人公が電気の行き渡らない貧しい村の家庭のために、メーターを細工したり、風車を作って明りを届けようとする。川村教授は「こういう(主人公の)考え方は必要。タイムリーな映画」と評し、「大型の発電所は心強いが、より安全な発電を考えていかなければならない。自然エネルギーを活用して、身近なものにしていきたい」と語った。


画像2

[拡大画像]

公開授業では、参加者全員が竹ぐしやフィルムケース、段ボールなど身近な物を使い、騒音が少ない風車風力発電として知られる“サボニウス型風車”のミニチュアを作ったほか、学生が作成した大型の装置で、テレビやLED電球に実際に送電する実験を見学。自然エネルギーでの発電を目の前で体験し、参加者の間では日常生活の電気に対する考えなど、さまざまな感想や意見が飛び交っていた。

明りを灯す人」は10月8日からシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開。

旅立ちの汽笛[DVD] 旅立ちの汽笛[DVD] 最安価格: ¥4,303

関連DVD・ブルーレイ情報

明りを灯す人[DVD] 明りを灯す人[DVD]最安値: ¥3,553
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi