檀れい、結婚後初の公の場「幸せですか?」に「もちろん!」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月22日 > 檀れい、結婚後初の公の場「幸せですか?」に「もちろん!」
メニュー

檀れい、結婚後初の公の場「幸せですか?」に「もちろん!」

2011年9月22日 12:17

幸せオーラ全開の檀れい「三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」

幸せオーラ全開の檀れい
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の檀れいが9月22日、都内スタジオで3Dアクション大作「三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」日本語吹き替え版のアフレコを俳優・溝端淳平とともに行った。檀が公の場に登場するのは7月、歌手で俳優の及川光博との“相棒婚”を発表して以来、初めて。「幸せですか」の問いかけに、「もちろん!」と幸せオーラ全開だった。

原作は仏小説家アレクサンドル・デュマが1844年に発表した「三銃士」。「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督がダイナミックなアクションシーンを軸に、空中での飛行船同士のバトルなど新たな要素を盛り込む3D大作に仕上げた。溝端は主人公ダルタニアン役(ローガン・ラーマン)、檀は悪女ミレディ役(ミラ・ジョボビッチ)を担当。ふたりは本作で洋画の日本語吹き替えに初挑戦した。

溝端は「ラーマンさんのお芝居に(声を)合わせるのが難しかった。特に息の吸い方ですね」。スタッフからの手厳しい指示に「悪意を感じますね(笑)。冗談です。すいません」と悪戦苦闘だ。一方の檀は「ミラさん演じる役柄を楽しんで表現できた」と余裕の表情。それでも「ふだんは戦わないので(笑)、『ハッ』とか『フッ』とかどう声を出したらいいか」とアクションシーンに戸惑っていた。溝端の声は「すてきな声」。これには溝端も「超うれしいです。ふだん声がおっさんなので、17歳のキャラクターに合うように高い声を出した」と有頂天だった。

新婚の檀に質問が集中するなか、溝端は「誰も僕のプライベートには興味ないんですね……」と助け舟。「何かあるんですか?」と問われると「なんにもないです」と即答し、笑いを誘った。

三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」は、10月28日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi