8人の美女とキス! 森山未來が「モテキ」で至った到達点とは? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月22日 > 8人の美女とキス! 森山未來が「モテキ」で至った到達点とは?
メニュー

8人の美女とキス! 森山未來が「モテキ」で至った到達点とは?

2011年9月22日 13:17

映画版「モテキ」では幸世の成長ぶりが描かれる「モテキ」

映画版「モテキ」では幸世の成長ぶりが描かれる
写真:本城典子/シャツ:MONSIEUR NICOLE
[拡大画像]

[映画.com ニュース] サブカル好きなモテない草食系男子・藤本幸世に思わぬモテキが到来、さまざまなタイプの女性に翻ろうされる姿をコミカルに描いた久保ミツロウの大ヒットコミックを、森山未來主演で昨年ドラマ化。深夜帯の放送にも関わらず、異様なほどの盛り上がりを見せた「モテキ」が、スクリーンに登場する。ドラマの世界観はそのままに、幸世の妄想、そして共演する豪華女優陣とのラブシーンはパワーアップ!ドラマから1年後、幸世の成長ぶりを森山が語る。

映画では、ドラマ版での女性たちとの出来事を振り返りながら、相変わらず彼女もなく31歳になった幸世が派遣社員を卒業。趣味と知識を生かし、エンタメ系ニュースサイトに就職し、ライターとしての新生活をスタートする。Twitterで意気投合した美人編集者のみゆき(長澤まさみ)に出会い恋に落ちるが、もちろん一筋縄ではいかず、そのほかタイプの違う3人(麻生久美子仲里依紗真木よう子)の美女が現れ幸世を悩ませる……。

モテキ」の人気は、まずは藤本幸世というキャラクターの魅力なしには語れない。好きな音楽や漫画にはオタク並みの知識を持ち、人一倍恋愛に夢を抱いているものの、自信のなさとひねくれた自我により、女性との関係でことごとくドツボにはまっていく姿が笑いあり、涙ありで描かれる。森山はそんな幸世を「いわゆる中二病」ときっぱりと断言する。

「中学校二年生だったことがある人は、誰しもこういう感情っていうのは持ってたことがあると思うんです。それを大人になってこじらした人を中二病と呼ぶんですが、もちろん僕もすごくわかるんですけど、僕はここを卒業したいな、やめたいなっていう頃合いでもあったり。そうしたら、また引き戻されて……まあドラマから映画に至るまでずっとその感情は続いているので。これですっぱり、けじめがうまくつけばいいのかなと(笑)」

恋愛経験の少なさから、女たちの一挙一動に過剰反応する幸世。胸をえぐられるように恥ずかしい自意識を、たたみかけるようにハイテンションなモノローグで語る。演技とはいえ、そんな男の内面を演じることに、照れる気持ちや抵抗はなかったのだろうか。

「何か、そういうところはドラマをやっているうちに麻痺(まひ)してしまった部分ですね。大根(仁)さんと久保さんふたりが経験してきた、“痛い恋愛あるある”みたいなのを詰め込んだ良質な作品。でもどうして僕が2人の重い思い出を引き受けなきゃいけないんだろう……っていう気持ちにもなったりしましたね(笑)」

ドラマ版で話題となったのが4人の女優とのキスシーン。映画では新たなキャストと、エロティックなキス、そして胸タッチ……とさらに臨場感あふれるラブシーンを演じている。

「去年から今年にかけて、のべ8人ぐらいとキスシーンをやらせてもらいましたね。今回は泥の中でキスをするっていうシーンがあるんですけど、なんかもうそこで初めて、自意識が崩壊した気がしました。下着から何から泥まみれでしたし、大根さんは(泥を)顔につけろってうるさいし(笑)……。そのままにキスシーンに入ると、お互いジャリジャリするんです。そんな中で自意識も何もないっていうところまでこれたのが、ある種モテキの一つの到達点かなと思いました(笑)」

最後に、藤本幸世にかけたい言葉を聞いた。「二度と、オレには近づかないでください(笑)」。“面倒くさい男”幸世を全力で演じきった、会心の表情がそこにあった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi