長谷川博己、銀幕デビューを経て芽生えた映画への渇望 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月22日 > 長谷川博己、銀幕デビューを経て芽生えた映画への渇望
メニュー

長谷川博己、銀幕デビューを経て芽生えた映画への渇望

2011年9月22日 08:26

東京・築地の松竹本社を背にする長谷川博己「セカンドバージン」

東京・築地の松竹本社を背にする長谷川博己
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 昨年10月にNHKでドラマ化され、大きな話題を呼んだ「セカンドバージン」が、より濃密な世界観を引っさげ映画として戻ってくる。ドラマ版で主演・鈴木京香の相手役を務めあげた長谷川博己が、映画初出演となる今作で大きく羽ばたこうとしている。ドラマ「鈴木先生」主演で“座長”を経験し、満を持して銀幕の世界の扉をこじ開けた長谷川に話を聞いた。

長谷川は大学卒業後の2001年、文学座附属演劇研究所に入所し、翌年「BENT」のルディ役で初舞台を踏んでいる。文学座への入座も、森雅之宮口精二岸田森ら好きな俳優が同座出身だったことが大きな要因だった。舞台、ドラマと着実にキャリアを積み、ドラマ版「セカンドバージン」への出演が、長谷川にとっては大きな転換期となる。

銀幕デビューの一報が長谷川の耳に入ったのは、「鈴木先生」の撮影時。スポーツ紙で映画化についての記事は目にしていたものの、「僕は聞いていなかったし、ドラマの最後で死んでしまっているから、ないだろうな……と思っていたんです」。ところが、マネージャーから「『鈴木先生』が終わったらすぐにクランクインする」と聞かされ、仰天したという。唐突に舞い込んだ吉報だけに、喜びをひとしおだったに違いない。公開を待つばかりとなった最近は、「いろいろなところでポスターを見るようになって、僕もとうとう映画の世界に入ったんだなという気持ちになって、すごくうれしいです」とはにかむ。

初めての映画の現場を終えた長谷川に、浮ついた気持ちは微塵もない。鈴木と深田恭子という、日本映画界で活躍を続ける女優ふたりを間近に見て、得るものも大きかったようだ。自らに対してはどこまでも貪欲な姿勢を貫こうとしている。いま、喉から手が出るほど欲しているものは「眠らなくてもいい体力。どんなときでも疲れを感じない強靭(きょうじん)な力が欲しいですね」と真摯(しんし)な眼差しで語る。「どうしたって過酷なスケジュールになってくると、ふだんはアイデアが出てきたりするのに、肉体的に言うことをきいてくれないことってありますよね。今だってないわけじゃないんですが、精神的にも肉体的にも体力が一番ほしいです」と明かす。

長谷川は、ドラマ版での役づくりの際、行と似たキャリアをもつ元官僚たちの話を聞いたという。「取材をさせていただいたとき、『昔の官僚は国のビジョンを考えている人が多かった』とおっしゃっていた。もちろん公務員ではあるわけですが、今は必ずしもそういう人ばかりではなくなってしまったと。上司として部下の仕事を見ていれば、その人の志が手に取るように分かる。今だって『日本のために何かしようとしている』人がいることも事実だと。僕も、役者としてそういう人間でありたいなと思いました。経済のために何かができるわけではないけれど、文化のレベルをもっと上げていきたい。日本映画界の端っこでもいいですから、自分も世の中に貢献できるようになりたいなと強く感じています」

日本映画界の名優・中井貴一が以前、「映画俳優にとってデビュー作というのは本当に大切なんだ」と熱く訴えていたことがあった。長谷川にとっても、今作は今後の俳優人生で重要な位置づけになるはずで、「ドラマ版も映画も僕にとってターニングポイントになった作品であることには間違いありません。このお仕事のおかげでいろんなお仕事が入ってきましたし、いろいろなことができるようになった。本当に感謝している作品です」。今後2作目、3作目とキャリアを積み重ねていく過程で、長谷川の殊勝すぎるくらいに殊勝な姿勢は、日本映画界にとって大きな財産となるはずだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi