伊東四朗も感激!第4回「したコメ」が浅草で開幕 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月17日 > 伊東四朗も感激!第4回「したコメ」が浅草で開幕
メニュー

伊東四朗も感激!第4回「したコメ」が浅草で開幕

2011年9月17日 18:57

着実に根付いてきた“したコメ”「サラリーマンNEO 劇場版(笑)」

着実に根付いてきた“したコメ”
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 東京都台東区の浅草と上野をメイン会場に、国内外のコメディ映画を上映する「第4回したまちコメディ映画祭in台東」(9月16~19日)のオープニングイベントが9月17日に行われ、特別招待作品「サラリーマンNEO 劇場版(笑)」に出演する小池徹平生瀬勝久をはじめ、同作の出演者で今回コメディ栄誉賞を受賞した伊東四朗らが浅草・オレンジ通りのレッドカーペットを練り歩いた。

コメディ映画を通じて、東京の下町である浅草、上野の魅力を伝えようと、俳優でミュージシャンのいとうせいこうが総合プロデュースを担当。今年は東日本大震災を受けて「心に元気を!」をコンセプトに掲げる。毎回、笑いを通して人々に元気を与えたコメディアンらに「コメディ栄誉賞」を贈呈し、これまでに小沢昭一(第1回)、コント55号(第2回)、故谷啓さん(第3回)が受賞した。

伊東はコメディアンとしてはもちろん、俳優として幅広く活躍。「亡くなった東八郎渥美清由利徹ら東京コメディの伝統を後代に伝えたい」と語っていることや、評論家の小林信彦氏に「最後の喜劇人」と評されていることが、今回の受賞理由だ。生まれは東京府下谷区竹町(現在の台東区台東)で「この近くにある下谷神社の裏で生まれた私にとって、ふるさとで賞をいただけるのが何よりうれしい」と感激しきりだった。

浅草公会堂では開幕セレモニーが行われ、伊東は「17~18年前だったか、ちょうどこの会場で浅草芸能大賞をいただいた。私の手形があるんで、ぜひお帰りに探してみてください。私もたまに『あっ、ぴったりだ。当たり前か』なんて言いながら、手形に手を合わせている」とニッコリ。「53年前、芸能生活をスタートさせた浅草で、こうしたコメディの映画祭が行われ、さらに賞をいただけるとは」と改めて喜びをかみしめた。

「第4回したまちコメディ映画祭in台東」は9月16~19日、東京・上野恩賜公園野外ステージ(不忍池水上音楽堂)、上野東急2、浅草公会堂、浅草中映劇場の4カ所で実施される。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi