米テレビ業界での男女格差が明らかに : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月18日 > 米テレビ業界での男女格差が明らかに
メニュー

米テレビ業界での男女格差が明らかに

2011年9月18日 13:17

[映画.com ニュース] アメリカのテレビ業界において、女性やマイノリティの進出が著しく遅れているとロサンゼルス・タイムズ紙が報じている。

米監督協会(DGA)が2010年から11年のテレビシーズンにおけるドラマ170作品、計2600話を手がけた監督の性別と人種を調査したところ、白人男性が77%と圧倒的に多いことが判明。白人女性とマイノリティ(非白人)男性がそれぞれ11%で、マイノリティの女性監督にいたっては1%という結果が出た。

DGAは映画やテレビの製作現場における人種や性別の偏りを改善しようと、製作会社に雇用の改善を求めてきたが、前年からほとんど変わっていない現状が明らかになった。そのため、白人男性しか監督に起用していない「バーン・ノーティス」など9番組、女性やマイノリティ監督の割合が15%以下の「CSI:科学捜査班」「Dr.HOUSE」など16番組をワーストとして批判している。

また、サンディエゴ州立大学のCenter for the Sturdy of Women in Television and Filmの調査によれば、プライムタイムのドラマやコメディ、リアリティ番組の脚本家のうち女性の占める割合は15%で、前シーズンの29%から大幅にダウンしているという。華やかに映る米テレビドラマの裏側で、女性やマイノリティが冷遇されている現実が明らかになった形だ。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi