アビゲイル・ブレスリン、新作で母親殺しのティーンエイジャーに : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月21日 > アビゲイル・ブレスリン、新作で母親殺しのティーンエイジャーに
メニュー

アビゲイル・ブレスリン、新作で母親殺しのティーンエイジャーに

2011年8月21日 15:14

難役に挑戦するブレスリン「リトル・ミス・サンシャイン」

難役に挑戦するブレスリン
写真:Startraks/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「リトル・ミス・サンシャイン」(2006)の愛らしい少女オリーブ役で注目を集め、アカデミー賞助演女優賞にノミネートされた子役出身のアビゲイル・ブレスリンが、新作で母親を殺害するティーンエイジャー役に挑むことになった。

原作は、2003年にカナダで実際に起こった事件を綴ったボブ・ミッチェルのノンフィクション「The Class Project: How to Kill a Mother」。15歳と13歳の姉妹が、アルコール中毒の母親を浴槽に沈めて殺害したうえで事故を偽装。1年後に発覚するまで、普通に暮らしていた事件を追ったものだ。

現在15歳のブレスリンが姉妹のひとりを演じる。その他のキャストは未定。スタン・ブルックス監督がメガホンをとり、今月中のクランクインを予定している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi