園子温ファミリー、実写版「ヒミズ」に続々参戦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月22日 > 園子温ファミリー、実写版「ヒミズ」に続々参戦
メニュー

園子温ファミリー、実写版「ヒミズ」に続々参戦

2011年7月22日 15:00

園子温ファミリーが続々参戦「ヒミズ」

園子温ファミリーが続々参戦
(C)「ヒミズ」フィルムパートナーズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 園子温監督の最新作「ヒミズ」に、俳優の渡辺哲吹越満光石研、でんでん、女優の神楽坂恵渡辺真起子黒沢あすかが出演していることがわかった。配給のギャガが今回発表した7人は、これまでに園監督作を経験済み。強烈な個性の持ち主たちが、園監督の演出のもと、どのような相乗効果を生み出すのかに大きな注目が集まる。

染谷将太二階堂ふみが主演する同作は、「行け!稲中卓球部」の古谷実がギャグを一切封印して「ヤングマガジン」(講談社)で連載した問題作だ。園監督は、人間の心の奥に潜む暗部を浮き彫りにした原作のファンだったそうで、自身初の原作実写化に挑む。

原作では主人公・住田祐一(染谷)の貸しボート屋に集まる中学校の同級生が、映画では家をもたない大人の“自由人”と設定を置き換え、世の不条理さをより克明に描き出す。この自由人を演じるのが、「冷たい熱帯魚」での怪演が記憶に新しい渡辺と吹越、そして水野美紀主演作「恋の罪」にも出演している神楽坂だ。

渡辺は、今回のオファーを「素直にすごくうれしかったです。『冷たい熱帯魚』の現場が楽しかったので、また園組に参加できるのはラッキーだなと思いました」と述懐。吹越も「園さんのご要望とあらば、いつでもどこでも、です。え? 『ヒミズ』? そりゃスゲェー!!! ってな感じでした」と興奮を隠し切れない。

紀子の食卓」に出演経験のある光石が演じるのは、主人公・住田の青春をどん底にたたき落とすきっかけとなる父親役。また、住田を捨てて男と逃避行する母親を、「愛のむきだし」で自由奔放な女カオリ役を担った渡辺が扮する。

さらに、実写版のオリジナルキャラクターとして、原作には登場しなかった茶沢(二階堂)の母親を黒沢が担当する。でんでんは「冷たい熱帯魚」で冷酷非道な殺人犯を演じたが、今回は住田から金を取り立てようとするヤクザ役に挑む。

ヒミズ」は、2012年春に全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi