新「スーパーマン」全米公開が半年延期 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月22日 > 新「スーパーマン」全米公開が半年延期
メニュー

新「スーパーマン」全米公開が半年延期

2011年7月22日 17:01

監督を務めるザック・スナイダー「スーパーマン」

監督を務めるザック・スナイダー
写真:Fame Pictures/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] クリストファー・ノーランがプロデュース、ザック・スナイダー監督がメガホンをとる「スーパーマン」シリーズ最新作「マン・オブ・スティール(原題)」の全米公開日が、当初予定されていた2012年12月から13年6月14日に変更された。

米ワーナー・ブラザースが正式に発表したもの。ワーナー製作、ピーター・ジャクソン監督の2部作前編「The Hobbit: An Unexpected Journey(原題)」が、12年12月14日全米公開となるため、自社作品の直接対決を避け、「マン・オブ・スティール」をサマームービーとして公開するよう決断した模様だ。

マン・オブ・スティール」は、ヘンリー・カビルが主人公スーパーマン/クラーク・ケント役に扮する。さらに、エイミー・アダムスが恋人ロイス・レイン役、ラッセル・クロウが実父ジョー=エル役、ケビン・コスナーが養父ジョナサン・ケント役、ダイアン・レインがその妻マーサ役、マイケル・シャノンが悪役ゾッド将軍を演じる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi