闘病中の原田芳雄、車いすで主演作「大鹿村騒動記」舞台挨拶に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月11日 > 闘病中の原田芳雄、車いすで主演作「大鹿村騒動記」舞台挨拶に
メニュー

闘病中の原田芳雄、車いすで主演作「大鹿村騒動記」舞台挨拶に

2011年7月11日 19:25

「大鹿村騒動記」舞台挨拶に登場した原田芳雄「大鹿村騒動記」

「大鹿村騒動記」舞台挨拶に登場した原田芳雄
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 腸閉そくと肺炎を併発し闘病中の俳優・原田芳雄が7月11日、東京・新宿バルト9で行われた主演作「大鹿村騒動記」の完成披露試写会に、共演の大楠道代佐藤浩市松たか子瑛太石橋蓮司ら共演者とともに出席した。持病の腰痛も悪化しており、車いすに乗っての登壇。現在は声が出にくい状態だといい、舞台挨拶では石橋が「今日は来てくれてありがとう。どうぞ、ごゆっくりご覧ください」と原田のメッセージを代読した。

長野県・大鹿村を舞台に300年以上前から伝承される村歌舞伎“大鹿歌舞伎”と、そこにかかわる人々の悲喜こもごもを描く。原田が演じるのは大鹿歌舞伎の花形役者で、シカ料理専門店を営む主人公・風祭善。駆け落ちした妻・貴子(大楠)が18年ぶりに村に戻ってきたことから、思わぬ騒動に巻き込まれる。

舞台挨拶の終盤、実娘が押す車いすで登壇した原田に、客席はもちろん、共演キャストも拍手喝さい。術後とあって髪の毛は短く切られ、体型も以前に比べるとやせて見えたが、場内の大歓声に感極まったのか、手にしたタオルで涙をぬぐう場面も。その姿に、妻を演じた大楠ももらい泣きしていた。退場時に、キャストが交代で車いすを押す場面もあり、本作の“大黒柱”である原田への尊敬の念が見て取れた。舞台挨拶には冨浦智嗣小倉一郎、でんでん、加藤虎ノ介小野武彦も登壇した。

映画は、善の前に突然、舞い戻ってきた妻・貴子と幼なじみの能村治(岸部一徳)。しかし、貴子は認知症をわずらっており、善のことはおろか、駆け落ちしたことも忘れていた。一方、数日後に本番を控えた大鹿歌舞伎の準備もトラブル続き。果たして善と大鹿村の運命は……。撮影には地元の村民を含む850人のエキストラも撮影に参加した。

大鹿村騒動記」は7月16日から全国で公開。鑑賞料金1000円での興行が決定している。同日、東京・有楽町の丸の内TOEIで初日舞台挨拶が行われるが、現時点で登壇者は未定。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi